芥川の辺で一人。弐

只今、古めの画像が表示できておりません。
 
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
PR
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
Link(Blog)
【50音順】
大阪を歩こう
(osakawalkerさん)
気まぐれblog
(miz0001さん)
雑多な「雑記帳」
(bubu@さん)
やま♪の徒然日記
(やま♪さん)
よろしくどうぞ
(まついよしおさん)
-----
うちへのリンクは複数コメント頂いた方なら自由です
降水予報・近畿
MOBILE
qrcode
OTHERS
0
    明日は膳所五社まつり
    平成30年 2018.04.30 大津市膳所周辺

    大津市 膳所
    膳所本町駅(ぜぜほんまち-)。競技かるた漫画「ちはやふる」のラッピング電車が駅をかすめる。

    大津市 膳所
    膳所本町駅前の膳所神社。この表門は、膳所城・本丸大手門の移築。

    大津市 膳所
    膳所神社を含む近隣の五神社を巡行する「膳所五社まつり」の広告。
    実はコレ、この五社に入ってない本多神社で撮ったもの。
    これを書いてる時間(5月2日 23:35)、高槻では雨が降っているが、明日は上がるだろうか。

    大津市 膳所
    膳所神社の真東に見えるのが、膳所城跡公園。見えている門は移築門ではなく、模擬門。
    道端には通り名、膳所大手門通の標柱。

    大津市 膳所
    模擬門手前の左側に、「城下町 膳所案内絵図」がある。
    桃色の道が東海道。

    ほぼ東海道沿いに、2枚前の写真に見える「石坐神社(いわい-)」「和田神社」3枚前の「膳所神社」そして「篠津神社」「若宮八幡神社」が鎮座する。石坐神社から若宮八幡神社まで、ほぼ片道2km。

    大津市 膳所
    石垣を抜けるとそこは琵琶湖だった。
    膳所城跡公園は名所というよりは、市民の憩いの場となっている。
    | 近江 | 23:53 | comments(0) | - | - |
    0
      大溝(3)町家
      私はたまたま雪景色を撮ることとなったが、大溝城下町を訪れるなら、5月3・4日の大溝祭がいいと思う。湖西唯一の曳山祭で、地区内5基の曳山が出る。

      高島市 大溝城下町

      再生町家「びれっじ」1号館と、巴組の山蔵。

      高島市 大溝城下町

      その町家と山蔵を貫く、趣のある路地。

      高島市 大溝城下町

      大溝祭と山蔵の説明板。

      高島市 大溝城下町

      「びれっじ」案内板。私は2号館でパンを購入した。素朴で懐かしい美味しさだった。
      | 近江 | 07:43 | comments(0) | - | - |
      0
        打下(うちおろし)〜白鬚神社
        昨日の続き

        高島市 打下日吉神社
        乙女ヶ池の南、打下日吉神社(うちおろし ひよし-)と、江若鉄道廃線跡の汽車道。今は湖西線が高島トンネルで抜けているあたりは、1969年(昭和44)年までは江若鉄道が神社の前を走っていた。

        高島市 打下日吉神社
        ここでは琵琶湖が目前に広がる。

        高島市 鵜川四十八体石仏群
        この建物の右が古代の街道(北陸道)。小山を越える。今は片側2車線の国道が海岸沿いを走る。

        高島市 鵜川四十八体石仏群
        その街道脇にあるのが鵜川四十八体石仏群(うかわ しじゅうはったい-)。
        雪中の街道も写り込ませるため、失礼して、背後から撮らせていただいた。(正面から写すと私有の墓地が丸写りになってしまい、難しいというのもある)

        高島市 白鬚神社
        続いて白鬚神社(しらひげ-)、最奥部の岩戸社は雪景色で神秘度が増している。

        高島市 白鬚神社
        象徴の「湖中鳥居」と、その左にハッキリ書かれた「横断禁止」の文字。2015年のストビューには横断禁止看板は写ってないから、最近置かれたものだと思う。とは言え、多くの人が無視して渡って湖岸で写真を撮っていた。

        湖岸から撮った写真が飛び交っているのだから、そりゃ撮りたいのが当たり前だと思う。横断できない方がおかしい。そして、ここですら中国語が飛び交っていた。観光客も増加していると思われるので、早期の改善が望まれる。

        高島市 打下日吉神社
        南行き、つまり湖岸側だけに書かれた自転車通行帯。無いよりはマシなのかも知れないが…。

        続く
        | 近江 | 07:59 | comments(0) | - | - |
        0
          大溝(2)天守台跡と乙女ヶ池
          昨日の続き

          高島市 大溝城跡
          ここ進むのか〜。笑
          案内所のかたが「行けるかな?」とおっしゃっていた理由が分かった。

          高島市 大溝城跡
          大溝城天守台跡は、上がる事ができる。

          高島市 大溝城跡
          天守台跡から見下ろす水濠は「乙女ヶ池」という琵琶湖の内湖。

          高島市 乙女ヶ池
          ここ進むのか〜。笑

          高島市 乙女ヶ池
          池の向こうは街道で、そのまた向こうが琵琶湖。
          一部凍っているように見えたが、湖岸に寄れないので現地では確定出来なかった。

          高島市 乙女ヶ池
          太鼓橋より北を望む。

          続く
          | 近江 | 07:52 | comments(0) | - | - |
          0
            大溝(1)つらら垂る城下町
            昨日の続き(時間上はこちらが先)

            出掛ける時点では、どの辺から雪があるのかもよく分からず適当に北上した。

            高島市 大溝位置図
            こんな感じで、湖西は蓬莱より北が雪景色。蓬莱山とは、びわ湖バレイがある比良山系の山。

            蓬莱山は、京都市内の、JRが桂川を渡るあたりから比叡を望んだ時、その左奥に微かに見える。比叡に雪が無くても、そのはるか遠方に雪を被ってるっぽい山が見えれば、それが蓬莱山である。

            それより北の町に行ったので、高島市・旧高島町の中心部にあたる大溝城下町も雪景色だった。

            高島市 大溝城下町
            織田信澄(津田信澄とも。織田信長の甥)築城の大溝城は一国一城令で廃城となり、後に陣屋が置かれたが、その大溝陣屋の長屋門「総門」の頭上につらら。この総門の右にある案内所でパンフレットを頂いてから歩く。

            案内所で少々お話を伺ったが、雪は去年はよく降ったが今年も多めで、気温も低いのでパウダースノーだとおっしゃっていた。親切に応対頂いた。

            高島市 大溝城下町
            別の場所で、さらに真近につららを撮る。

            高島市 大溝城下町
            町割り水路と城下町の町名碑。イマ風の住所検索とは無縁かも知れないが、アナログの世界で主張し続ける。
            ここは本町(=今の地図で言う県道300号)と西隣りの中町を結ぶ十四軒町で、左奥が勝安寺。

            続く
            | 近江 | 22:09 | comments(0) | - | - |
            0
              雪に埋もれる城跡
              本日(2018/H30.02.04)の画像です

              高島市 大溝城跡

              高島市 大溝城跡
              近江大溝城跡(滋賀県高島市)

              続く
              | 近江 | 19:38 | comments(0) | - | - |
              0
                天気悪いけど桜@石山寺
                近江 大津市 石山寺
                大津市の石山寺。京都駅起点で考えれば、時間上は実質銀閣寺や金閣寺より近く感じると思うが、程良い観光客数。

                近江 大津市 石山寺
                手水舎の横で泳ぐ鯉がやたらでかい。
                雨のせいか、惜しくも水が濁り気味だった。

                近江 大津市 石山寺
                山桜とごつい石。珪灰石(けいかいせき)。
                | 近江 | 23:59 | comments(0) | - | - |