芥川の辺で一人。弐

みかっしょ→第1・3木曜20時/っだー→第2・4水曜20時
 
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
PR
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
Link(Blog)
【50音順】
大阪を歩こう
(osakawalkerさん)
気まぐれblog
(miz0001さん)
雑多な「雑記帳」
(bubu@さん)
やま♪の徒然日記
(やま♪さん)
よろしくどうぞ
(まついよしおさん)
-----
うちへのリンクは複数コメント頂いた方なら自由です
降水予報・近畿
MOBILE
qrcode
OTHERS
0
    夕日と月と旧堺港
    住吉で時間を食い過ぎたが、その後堺へ。
    なんと拙者、関西に20年近く住んでいて堺を歩くのは初めてでござるの巻。
    堺01

    堺02堺03
    南宗寺を参拝するつもりでここに来たが、
    同じ境内のすぐ脇にある「海会寺(かいえじ)」がたまたま短い公開期間内(10.30〜11.03)だったので、
    そちらを参拝する事にした。

    堺04
    指月庭。本堂では、ガイドさん(ボランティア?)の説明を頂けた。

    結局タイムアップ(16:00)となり、あとはぶらぶら歩いた。

    堺05兎の群れ(の像)。
    宿院公園。


    堺06与謝野晶子の懸垂幕。
    山之口商店街(アスティ山之口)。


    堺07堺08
    商店街脇にある開口神社(あぐち-)の、子持ち狛犬と招き狛犬!
    ちなみに先述の海会寺は開山時、この付近にあったとされる。

    堺09大小路筋。黒の通り名板も珍しい。


    堺10
    この大小路、歩道を含めば住吉大社前の紀州街道よりは広く見える。
    ここ、つまり臨海部から堺駅〜堺東駅に新型路面電車(LRT)を通す計画があったのだが、
    地元の合意も得られず、先日当選した堺の新市長もこの計画に否定的な見解を示した。

    LRTがエコとか、車社会に邪魔とか、いろいろ言われるのですが、
    私はそんな事はどうでも良くて、
    ただ路面電車は「地図の上に描ける発信力がある、検索力のある」ツールなんですよね。
    そこがバスと全く違う。
    住民にそれを加味した街作りの発想力があるか、と言う事だと思うんです。
    職業柄、実際苦悩するんですよ。京都市内の公共交通案内とか。

    …熱弁はこれくらいにして、
    堺11
    堺駅の横に、煉瓦積みの廃線跡橋脚風のものを見つけた。
    現場では分からなかったが、帰って調べると廃線跡橋脚で正解だった。
    向こうに見える南海本線の、旧路盤なのだそうだ。
    「誰か居る」の答えは、最後。

    堺12
    夕日は撮るのが難しいが、これは上手く撮れた。
    旧堺港。

    堺13
    振り返れば月。

    堺14
    結局、旧堺灯台まで歩いた。

    堺15「誰か居る」の答えは、
    フランシスコ・ザビエルらしき人でした。
    ザビエルかと思ったのに、
    帰って調べたら単に「南蛮人像」でした。
    | 和泉南河内 | 02:20 | comments(2) | - | - |
    0
      強風が身に染みる散歩
      高槻
      強風の日曜日。既に芥川桜堤には鯉幟が泳いでいます(29日がイベント、掲揚は5日まで)。
      -----
      自転車に乗るのを止めた後、検索一発で行き先を決定。散歩に出掛けました。

      和泉01スタート地点は道路工事中。いきなり道が分からず、たまたま私を追い越したMTBに釣られて歩を進めると、


      和泉02こんな所を通過。いいのだろうか?と思いつつ、面白さを優先。
      この先で先程の工事中の道に合流。いずれはここを通る人も少なくなるでしょう。


      和泉03
      先程の扉は防潮門。工事中の道に合流した先で、海岸線に出ました。
      どす黒い雲、荒れる海。外海ほどではありませんが、押される程の風の中を歩きました。

      和泉04
      斜に重なった地層が海岸表面に出ています。
      荒れているので海岸までは下りませんでしたが、下りてる人もいました。

      和泉05自然海岸が終わって山側を見ると、そこには観覧車が。


      和泉06防潮門付きの橋を渡ります。


      和泉07
      漁港を通過し、正面の小山を目指します。

      和泉08
      躑躅(ツツジ)に埋め尽くされた谷。
      出掛ける前に調べた「検索一発」の場所は、ここです。

      和泉09その山にある展望台からの眺め。このイカツい建物は何だ?


      和泉10イカツい建物の向こうに続く砂浜も歩いてみました。
      砂浜に囲い。潮干狩り場でした。…今日潮干狩りて、寒ない?


      和泉11
      その先にある人工岩場からは、長大な橋が見えました。ここで折り返し。

      和泉12
      山手に少し入ると、濠に囲まれた、やや大きめの前方後円墳もあります。

      和泉13
      五十瓊敷入彦命(いにしきいりびこのみこと。難しい!)の墓と伝えられる古墳です。誰やねん。第16代仁徳天皇よりも遡り、第11代垂仁天皇の子で、子に日本武尊を持つ第12代景行天皇の兄、と伝えられる人です。史実の信頼性は疑問視されていますが、宮内庁によって現状保持されている立派な古墳である事に変わりありません。

      和泉14
      散歩のゴールは淡輪駅(たんのわ-)。

      深日港〜長松海岸(=みさき公園の裏側)〜淡輪漁港〜淡輪遊園・愛宕山〜泉南里海公園・ときめきビーチこと淡輪海水浴場〜関空連絡橋を見つつ折り返し〜宇度墓古墳。大阪府最南端、岬町の海岸を歩いたのでした。「イカツい建物」は、大阪府立青少年海洋センター。
      実はこのブログを始めて以降、泉州を歩いたのはこれが初めてです。

      和泉15おまけ。「南海岬公園駅」の標識。平仮名を漢字で書いてもいいじゃない、という好例です。

      | 和泉南河内 | 00:44 | comments(4) | - | - |