一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

大阪市→特別区移行後の予想
・方角区名のため、旧区名を冠する可能性はゼロ。

・旧・大淀区の「大淀○」は、大淀区時代の昭和38年(1963年)の命名(当初は「大淀町○」)で、小地名としては新しい。

[旧・大淀区]※平成元年(1989年)まで
現行地名特別区化後の予想地名(現)読み方
区名再考例→梅田区?△△区?
北区 長柄東北区?長柄東ながらひがし
北区 長柄中北区?長柄中ながらなか
北区 長柄西北区?長柄西ながらにし
北区 国分寺北区?国分寺こくぶんじ
北区 天神橋7・8北区?天神橋7・8てんじんばし
北区 本庄東北区?本庄東ほんじょうひがし
北区 本庄西北区?本庄西ほんじょうにし
北区 豊崎北区?豊崎とよさき
北区 中津北区?中津なかつ
北区 大淀北北区?大淀北おおよどきた
北区 大淀中北区?大淀中おおよどなか
北区 大淀南北区?大淀南おおよどみなみ


[旧・北区]
現行地名特別区化後の予想地名(現)読み方
区名再考例→梅田区?△△区?
北区 大深町北区?大深町おおふかちょう
北区 芝田北区?芝田しばた
北区 茶屋町北区?茶屋町ちゃやまち
北区 鶴野町北区?鶴野町つるのちょう
北区 中崎西北区?中崎西なかざきにし
北区 中崎北区?中崎なかざき
北区 浮田北区?浮田うきだ
北区 黒崎町北区?黒崎町くろさきちょう
北区 山崎町北区?山崎町やまざきちょう
北区 浪花町(注1)北区?浪花町なにわちょう
北区 天神橋1〜6北区?天神橋1〜6てんじんばし
北区 菅栄町北区?菅栄町かんえいちょう
北区 樋之口町北区?樋之口町ひのくちちょう
北区 池田町北区?池田町いけだちょう
北区 錦町北区?錦町にしきちょう
北区 天満橋北区?天満橋てんまばし
北区 同心北区?同心どうしん
北区 与力町北区?与力町よりきまち
北区 紅梅町北区?紅梅町こうばいちょう
北区 松ケ枝町(注3)北区?松ケ枝町まつがえちょう
北区 東天満北区?東天満ひがしてんま
北区 天満北区?天満てんま
北区 菅原町(注2)北区?菅原町すがはらちょう
北区 天神西町北区?天神西町てんじんにしまち
北区 南森町北区?南森町みなみもりまち
北区 末広町北区?末広町すえひろちょう
北区 南扇町北区?南扇町みなみおうぎまち
北区 扇町北区?扇町おうぎまち
北区 万歳町北区?万歳町ばんざいちょう
北区 神山町北区?神山町かみやまちょう
北区 堂山町北区?堂山町どうやまちょう
北区 太融寺町北区?太融寺町たいゆうじちょう
北区 兎我野町北区?兎我野町とがのちょう
北区 野崎町北区?野崎町のざきちょう
北区 西天満北区?西天満にしてんま
北区 曾根崎北区?曾根崎そねざき
北区 小松原町北区?小松原町こまつばらちょう
北区 角田町北区?角田町かくだちょう
北区 梅田北区?梅田うめだ
北区 曾根崎新地北区?曾根崎新地そねざきしんち
北区 堂島北区?堂島どうじま
北区 堂島浜北区?堂島浜どうじまはま
北区 中之島北区?中之島なかのしま


(注1)現・浪速区に「浪速東」「浪速西」有り(同音異字)。
(注2)現・東淀川区に「菅原」有り。
(注3)大阪市サイト町名一覧と郵便番号検索に従って「ケ」と記した。「け」と読まない「ヶ」「ケ」に文字の差は無く、本来はどちらを使用しようと間違いではない。私個人は、自治体名以外は普段はほぼ一律小さい「ヶ」を使用している。

※新区名を「北区」とする事で話は進んでいるが、住民の知恵で覆る可能性もまだ残っていると思うので、一律「?」を付けている。→詳細

大阪市→特別区移行後の予想
・新旧区名は違うが、都島を冠する現行町名があるので、旧区名は冠さない可能性が高いと思う。

・「都島」の地名が明治22年(1889年)に村名として誕生した時の範囲が毛馬・友渕・善源寺・澤上江(かすがえ)・中野の五村である事を考慮して、一部は冠する可能性もあるが、下表ではそれは省略する。

※図書館が再開して深く調べられたら、もう少し細分化して追記するかも知れない。

・明治30年(1897年)に大阪市と城北村に分割編入され村は消滅。大阪市に編入された側は都島を冠したが、明治33年(1900年)の町名改称で、都島の名が一旦消滅。昭和11年(1936年)に小町名(都島北通、都島本通、都島中通、都島南通)が誕生して復活。その後、都島区設置。

全ての町名に「通」或いは「町」が付いているのはここだけ。

●都島区
・昭和18年(1943年)旭区と北区のそれぞれ一部を分離、新設。多くが旧・都島村域だが、異なる地域もある。


現行地名特別区化後の予想地名(現)読み方
区名再考例→梅田区?△△区?
都島区 内代町北区?内代町うちんだいちょう
都島区 御幸町北区?御幸町みゆきちょう
都島区 高倉町北区?高倉町たかくらちょう
都島区 大東町北区?大東町だいとうちょう
都島区 毛馬町北区?毛馬町けまちょう
都島区 友渕町北区?友渕町ともぶちちょう
都島区 善源寺町北区?善源寺町ぜんげんじちょう
都島区 都島北通北区?都島北通みやこじまきたどおり
都島区 都島本通北区?都島本通みやこじまほんどおり
都島区 都島中通北区?都島中通みやこじまなかどおり
都島区 都島南通北区?都島南通みやこじまみなみどおり
都島区 中野町(注1)北区?中野町なかのちょう
都島区 東野田町北区?東野田町ひがしのだまち
都島区 片町北区?片町かたまち
都島区 網島町北区?網島町あみじまちょう


(注1)現・東住吉区に「中野」有り。

※新区名を「北区」とする事で話は進んでいるが、住民の知恵で覆る可能性もまだ残っていると思うので、一律「?」を付けている。→詳細

大阪市→特別区移行後の予想
・新旧区名が違うのと、「旭」という小地名が無い事、比較的長い間区名が続いている事から、「旭○○」のように旧区名を冠する可能性がある。但し、方角要素を含んだ瑞祥地名である事と、他区に小地名(西成区旭、阿倍野区旭町)があり、混同の要素はゼロではない事から、無理に冠する必要は無い。

ちなみに、町名が11しか無い。

●旭区
・昭和7年(1932年)東成区から分離、新設。昭和18年(1943年)城東区と都島区を分離、一部は旧・東区(現・中央区)へ移管。


現行地名特別区化後の予想地名(現)読み方
区名再考例→梅田区?△△区?
旭区 新森(注A)北区?旭新森しんもり
旭区 清水北区?旭清水しみず
旭区 森小路北区?旭森小路もりしょうじ
旭区 千林北区?旭千林せんばやし
旭区 今市北区?旭今市いまいち
旭区 太子橋北区?旭太子橋たいしばし
旭区 大宮北区?旭大宮おおみや
旭区 中宮北区?旭中宮なかみや
旭区 生江北区?旭生江いくえ
旭区 赤川北区?旭赤川あかがわ
旭区 高殿北区?旭高殿たかどの


(注A)「新森小路」の略。

※新区名を「北区」とする事で話は進んでいるが、住民の知恵で覆る可能性もまだ残っていると思うので、一律「?」を付けている。→詳細

大阪市→特別区移行後の予想
・新旧区名は違うが、鶴見を冠する現行町名があるのと、比較的新しい区でもあるため、旧区名は冠さない可能性が高いと思う。なお、鶴見町の町名は大正14年(1925年)の大阪市編入時に誕生。

●鶴見区
・昭和49年(1974年)城東区から分離、新設。


現行地名特別区化後の予想地名(現)読み方
区名再考例→梅田区?△△区?
鶴見区 緑北区?緑みどり
鶴見区 鶴見北区?鶴見つるみ
鶴見区 放出東(注1)北区?放出東はなてんひがし
鶴見区 今津南北区?今津南いまづみなみ
鶴見区 今津中北区?今津中いまづなか
鶴見区 今津北北区?今津北いまづきた
鶴見区 横堤北区?横堤よこづつみ
鶴見区 緑地公園北区?鶴見緑地公園(注2)りょくちこうえん
鶴見区 諸口北区?諸口もろくち
鶴見区 諸口5(浜)(注3)北区?浜南もろくち(はま)
鶴見区 徳庵(注4)北区?徳庵とくあん
鶴見区 中茶屋北区?中茶屋なかのちゃや
鶴見区 安田北区?安田やすだ
鶴見区 茨田大宮北区?茨田大宮まったおおみや
鶴見区 浜北区?浜はま
鶴見区 焼野北区?焼野やけの


(注1)「放出西」は現・城東区。
(注2)「緑地公園」では地名として抽象的なので「鶴見」を追加。服部緑地、久宝寺緑地、大泉緑地と合わせ、戦中の防空緑地として計画された。
(注3)通常数字が入る街区符号に止むを得ず「浜」を入れている事で知られている(諸口5丁目浜6〜14番)が、今の時代、検索上多少の不都合がある。元々「浜」だった土地を法律に基づき道(この場合は鶴見通)で町名を区切り「諸口」に編入したのだが、法律は後に改正で柔軟になっている。地域の人の同意があれば、町名を「浜」に戻す機会。
(注4)「徳庵本町」「鴻池徳庵町」は東大阪市。

※新区名を「北区」とする事で話は進んでいるが、住民の知恵で覆る可能性もまだ残っていると思うので、一律「?」を付けている。→詳細

※この連載を記す際、気になる部分は図書館で調べていたのですが、4月3日まで閉館中で、万が一4日から開館になっても私は「(正しい意味で)自粛」するので、分かる範囲で記述します。

私は今回の新型コロナ騒動では春節から警戒していますが、一方で移動は普通にしています。怖がってるけど、怖がり過ぎてもない。そんな個人です。
ここ2週間くらいは「コロナに土日と平日の区別なんかある訳あらへんやん」が口癖です。

-----
大阪市→特別区移行後の予想
・新旧区名は違うが、東成区と旭区の一部を合わせて発足した後鶴見区を分割するなど、変遷がやや複雑なので、旧区名は冠さない可能性が高いと思う。但し「中央」のみ地名の持つ位置特定機能を失う事から「城東」を冠すると思う。

●城東区
・昭和18年(1943年)東成区と旭区(元々はこちらも東成区)のそれぞれ一部を分離、新設。


現行地名特別区化後の予想地名(現)読み方
区名再考例→梅田区?△△区?
城東区 諏訪北区?諏訪すわ
城東区 永田北区?永田ながた
城東区 東中浜北区?東中浜ひがしなかはま
城東区 中浜北区?中浜なかはま
城東区 森之宮(注1)北区?森之宮もりのみや
城東区 鴫野西北区?鴫野西しぎのにし
城東区 鴫野東北区?鴫野東しぎのひがし
城東区 新喜多東北区?新喜多東しぎたひがし
城東区 天王田北区?天王田てんのうでん
城東区 放出西(注2)北区?放出西はなてんにし
城東区 今福南北区?今福南いまふくみなみ
城東区 今福東北区?今福東いまふくひがし
城東区 今福西北区?今福西いまふくにし
城東区 新喜多北区?新喜多しぎた
城東区 蒲生北区?蒲生がもう
城東区 中央(注3)北区?城東中央ちゅうおう
城東区 野江北区?野江のえ
城東区 成育北区?成育せいいく
城東区 関目北区?関目せきめ
城東区 古市北区?古市ふるいち


(注1)現・中央区(旧・東区)に「森宮中央」有り。
(注2)「放出東」は現・鶴見区。
(注3)一世代前の旧町名は蒲生町3〜5丁目、野江東之町1〜2丁目、関目町1丁目の全域または一部。明治以前は全域が農地。蒲生公園は鯰江公園といい、旧・蒲生町5丁目内。

※新区名を「北区」とする事で話は進んでいるが、住民の知恵で覆る可能性もまだ残っていると思うので、一律「?」を付けている。→詳細

大阪市→特別区移行後の予想
・新旧区名は違うが、由来がおおよそ上町台地東側の「東成郡」であり、元来の郡の範囲とは大きく異なる他、発足当初は現・旭区、城東区、鶴見区、生野区も含む区名だった事から、旧区名は冠さない可能性が高いと思う。

(4月23日追記)
「東成」を残す方法(私案)
・市道上新庄生野線の一部([桜小橋-]鴫野橋-玉津3[-林寺2])に、東成筋の愛称を設定する。同市道の「城北筋」はそのままで、未開通区間は保留。現在通称「疎開道路」とも呼ばれる玉津3以南の区間は、旧郡を考慮すれば「東成筋」でも問題無いし、生野の地名の残し方として「生野筋」としても構わない。


現行地名特別区化後の予想地名(現)読み方
東成区 大今里南北区?大今里南おおいまざとみなみ
東成区 深江南北区?深江南ふかえみなみ
東成区 東今里北区?東今里ひがしいまざと
東成区 大今里北区?大今里おおいまざと
東成区 大今里西北区?大今里西おおいまざとにし
東成区 玉津北区?玉津たまつ
東成区 東小橋北区?東小橋ひがしおばせ
東成区 中道北区?中道なかみち
東成区 中本(注A)北区?中本なかもと
東成区 東中本北区?東中本ひがしなかもと
東成区 神路北区?神路かみじ
東成区 深江北北区?深江北ふかえきた
区名再考例→梅田区?△△区?


(注A)中道の「中」と、本庄の「本」の合成で、大正14年(1925年)まで東成郡中本町。中本4丁目付近が本庄の集落。現・北区の本庄は旧・西成郡。

※新区名を「北区」とする事で話は進んでいるが、住民の知恵で覆る可能性もまだ残っていると思うので、一律「?」を付けている。→詳細

大阪市→特別区移行後の予想
・予想が難しい地域。区名は区域の南西部にあった旧・生野村から採られていて、「生野東」「生野西」両町も現存するが、元々あった小地名ではなく、舎利寺にある舎利尊勝寺に残る「生野長者」の言い伝えが由来。住所変更で生野村の範囲は曖昧になってしまっている上、現在進行形で小中学校区の整理中で、それも巽地区以外は旧村の範囲と異なる。
・北西部は旧・鶴橋町、北東部は旧・小路村。
・南東部は旧河内国の渋川郡、のち中河内郡の旧・巽町で、区設立後の昭和30年(1955年)に編入。

・これらを加味して、下記「予想地名」には一律「生野」を冠したが、念のため確率に差を付けた。(住所変更のため、現在の町名と昔の町名・大字名の範囲は異なる)
・大部分が旧・生野村域にあたる町のうち「田島」は昭和48年(1973年)まで生野を冠していたため80%、「舎利寺」は区名の由来を含むため75%、「林寺」は70%。旧・生野村域と旧・鶴橋町域が混在し、現在区役所がある「勝山南・北」は60%。その他生野区設立以来の地域は55%。後年編入の旧・巽町域は51%。

・「天王寺区」が実現すれば、現・桃谷1丁目や勝山北1丁目の大部分は、昭和4年(1929年)以来1世紀弱ぶりに住所の中に「天王寺」が入る事になる。

●生野区
・昭和18年(1943年)東成区から分離、新設。


現行地名特別区化後の予想地名確率(%)(現)読み方
生野区 巽南天王寺区 生野巽南51たつみみなみ
生野区 巽西天王寺区 生野巽西51たつみにし
生野区 巽中天王寺区 生野巽中51たつみなか
生野区 巽東天王寺区 生野巽東51たつみひがし
生野区 巽北天王寺区 生野巽北51たつみきた
生野区 田島天王寺区 生野田島80たじま(注1)
生野区 林寺天王寺区 生野林寺70はやしじ(注2)
生野区 舎利寺天王寺区 生野舎利寺75しゃりじ
生野区 生野東天王寺区 生野東いくのひがし
生野区 生野西天王寺区 生野西いくのにし
生野区 勝山南天王寺区 生野勝山南60かつやまみなみ
生野区 勝山北天王寺区 生野勝山北60かつやまきた
生野区 桃谷天王寺区 生野桃谷55ももだに
生野区 鶴橋天王寺区 生野鶴橋55つるはし
生野区 中川西天王寺区 生野中川西55なかがわにし
生野区 中川天王寺区 生野中川55なかがわ
生野区 中川東天王寺区 生野中川東55なかがわひがし
生野区 新今里(注3)天王寺区 生野新今里55しんいまざと
生野区 小路天王寺区 生野小路55しょうじ
生野区 小路東天王寺区 生野小路東55しょうじひがし


(注1)小・中学校と神社は「たしま」。生野区公式サイトによると東成郡誌には「タシマ」とある。英字表記に差異が出る部分なので、将来的には「たしま」に統一しておいた方が吉。
(注2)小学校は「はやしでら」。生野区公式サイトによると東成郡誌には林寺が「ハヤシデラ」、林寺新家が「ハヤシジ」とある。
(注3)現在は近鉄今里駅南側が「新今里」、北側が東成区「大今里南」だが、元々はどちらも小路村の「片江」だった。今里駅は開業時の名称は片江駅で、今里片江駅を経て昭和4年(1929年)現駅名となる。住所変更の結果、片江の集落は生野区小路1丁目となり、片江小学校所在地は東成区大今里南2丁目となった。


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Link(Blog)

【50音順】
大阪を歩こう
(osakawalkerさん)
気まぐれblog
(miz0001さん)
雑多な「雑記帳」
(bubu@さん)
やま♪の徒然日記
(やま♪さん)
よろしくどうぞ
(まついよしおさん)
-----
うちへのリンクは複数コメント頂いた方なら自由です

降水予報・近畿

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM