前回の続き

天満のうち天神橋筋商店街より東では、南北に町名が付けられていた。
昔の町名は、現地に「旧町名継承碑」があれば知る事ができる。

上記範囲の天満の町名の付け方は大雑把に言えば、
(1)東は川崎渡しから西は天満堀川まで、東西に1丁目から11丁目を割り振り、南北の町筋もそれに合わせて何丁目と呼ばれるようになった

(2)南北の筋の一部が何丁目から分かれて固有地名を名乗り、江戸中後期の地名はこの名称で安定した

(3)明治5年の改称で、全ての南北筋に固有名詞を付けた

(4)昭和53年の改称で、多くの地名が消えた

という流れ。「旧町名継承碑」の旧町名は、(3)にあたる。
(3)を軸に(2)を混ぜながら文を進める。

大阪市 天満

川崎橋から天満を見る。昔は橋が無く、渡し船だった。

大阪市 天満

橋を渡った先に造幣局桜の通り抜けの入口がある。
2010年の写真を引っ張り出してきた。

大阪市 天満

普段は人の気配はほとんど無い。
この手前の植え込みで背を向けているのが、旧町名継承碑。
ここから北へ伸びるのが旧・川崎町。植え込みの北側から西へ伸びるのが渡場筋。

大阪市 天満

表側。川崎町の説明かと思いきや、造幣局敷地内の「新川崎町」の説明だった。

大阪市 天満 地図

「元祖一丁目グループ」は2筋ある。
川崎町は、明治改正前は「一丁目」だった。
川崎町と通り抜けの間の斜めの筋沿いには、かつて堤防があったと推測されている。

臼屋町はそのまま。
臼屋町の継承碑は大川沿いの道路の川側の歩道脇にある。
ほぼ同じパターンがこの先続くので、写真は省略。

続く


JUGEMテーマ:大阪


  • -
  • 00:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Link(Blog)

【50音順】
大阪を歩こう
(osakawalkerさん)
気まぐれblog
(miz0001さん)
雑多な「雑記帳」
(bubu@さん)
やま♪の徒然日記
(やま♪さん)
よろしくどうぞ
(まついよしおさん)
-----
うちへのリンクは複数コメント頂いた方なら自由です

降水予報・近畿

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM