一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

前回の続き

玉手橋を渡って北50mの道を西へ進むと、道明寺天満宮の石灯籠があるので、そこを更に西へ進む。
(道明寺駅前の商店街「天神通」より1筋南の東西道)

藤井寺市 道明寺天満宮
突き当たりに現れるのは「古代道明寺五重塔礎石」。
今ここは境外なので、「道明寺」はもっと広かった事になる。

藤井寺市 道明寺天満宮
北へ70m進むと、「道明寺天満宮」門前。
道明寺天満宮は道明寺と一体化していたが、明治に神仏分離され、お寺の方は西隣りに移された。
神社は、昭和27年までは「土師神社(はじ-)」と名乗っていた。

道明寺には菅原道真の叔母にあたる覚寿尼公が住んでいた。その繋がりで、道真と覚寿が祀られている。

藤井寺市 道明寺天満宮
鳥居手前左側に手水舎があったのだが、気付かずに鳥居をくぐり、参拝してしまった。
鳥居の前もよく見ておかなければならない。

藤井寺市 道明寺天満宮
拝殿と絵馬。
ここは梅の名所であり、桜の名所でもある。

藤井寺市 道明寺天満宮
見易い道標

羽曳野市 応神天皇陵
西名阪高架を潜った先に見える森は、応神天皇陵・前方側陪塚の「誉田丸山古墳(こんだまるやま-)」。
(世界遺産候補の構成遺産)

ちなみにこの高架を右に進むと、「高架下に保存された古墳」の「赤面山古墳」がある。
そちらは世界遺産の構成遺産から除外された。
埋葬された人はさぞかし顔を真っ赤にして憤慨している事だろう。

羽曳野市 大鳥塚古墳
誉田丸山古墳の道路向かいにあるのが「大鳥塚古墳」。
(世界遺産候補の構成遺産)
宮内庁管理では無いので、私の地元の今城塚古墳同様自由に入れそうに見える。私は古墳内までは進まなかったが、後で確認するとストビューにもあった。

「前方後円」の二つの丘があるのが、見て分かる。

羽曳野市 応神天皇陵
再び道路向かい、誉田丸山古墳の西に、古市古墳群最大の、15代「応神天皇陵」遥拝所がある。
(世界遺産候補の構成遺産)

見る限り「山」である。大きすぎて、見ただけでは形状が分からない。

羽曳野市 応神天皇陵
御陵の西側に回ると、コーナンの裏手に「応神天皇陵古墳外濠外堤」史跡説明板がある。
内堤との間には外濠という名の「農地」が立ちはだかり、御陵には近づけない。

(はじめ「史跡には近づけない」と書きましたが、写っている範囲の外濠外堤自体が史跡なので、「御陵」に訂正しました)

羽曳野市 応神天皇陵
古い絵図では、1433年には濠の内側に鳥居がある。
1801年には古墳頂上まで石段があり、森も形成されている。
今の御陵も乱開発から逃れたという意味でアリだと思うが、江戸時代以前の地域に密着した御陵も羨ましく感じる。

続く

  • -
  • 01:29
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Link(Blog)

【50音順】
大阪を歩こう
(osakawalkerさん)
気まぐれblog
(miz0001さん)
雑多な「雑記帳」
(bubu@さん)
やま♪の徒然日記
(やま♪さん)
よろしくどうぞ
(まついよしおさん)
-----
うちへのリンクは複数コメント頂いた方なら自由です

降水予報・近畿

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM