もともと昨日の宮迫のクビ(契約解消)を受けて今日何か書こうと思っていた。
当然、今日の会見が無ければ内容は変わっていた面が多いと思う。

何も言わずに去るのかと思っていたが、ニコ生の通知が届いたので、それを見た。
リアルタイムで感じたのは以下の通り。会見の休憩時間を割いて質問が続くあたりでだれて、5時前あたりで買い物落ちした。

---



一番最初の「大崎(会長)とか岡本(社長)にぶつけりゃいいのに」というのは、昨日以前と全く思いは変わってない。
基本的には、所属方法がどうであろうと、一般的な会社ならケツ拭きは社長にかかってるのだが、大崎が喋った記事は目にしたものの、岡本は社長のクセに何やってんだよ、出てこんかい、と、騒動中ずっと思っていた。

例えば飛石連休の藤井君(吉本時代はミシマ・フジイ)が「一人の人間を社会的に抹殺するほどのことか」と呟き、とろサーモン久保田も似た内容の事を呟いているのが記事化されていたが、こういうのは誤解を生み易く、一見、世論の波が抹殺したように見えてしまうのだ。しかし(昨日の時点で)紙切れ一枚でクビを発表したのは吉本興業の方である。
昨日の時点でも抹殺したのは吉本興業だったし、今日の会見で「会見をさせなかった」のも吉本興業である事は分かった。

会見を遅らせてドツボにはまった人間は過去にもいた。次長課長の河本だ。
この吉本という会社は大崎や岡本の方針が悪いのか、顧問弁護士の質が余程悪いのかは分からないが、揉め事への対応が極めて杜撰だし、河本の時の失敗から何一つ学んでない。

---



これは、雇用関係に於いて吉本が反社的権力を芸人に対してちらつかせている、という意味だ。

吉本のギャラが1/10という話は、少なくとも30年前から八方さんの楽屋話を中心によく耳にしていた。
しかし、東京進出も殆どしていない時代の1/10と、東京を吉本で汚したここ十数年の1/10は、等しく考えてはならないと思う。

今回の一連の報道で一番びっくりしたのは、所属芸能人が6千人もいるという事だった。
確かに2000年代に入って以降、文化人タレントが入ってきたり、そのマネージャーとタレントが一揉めあったり、
住みます芸人とかやりはじめて東京どころか日本全国を乗っ取ったりと、肥大化は留まる所を知らなかった。
私が吉本を面白いと言わなくなった時期と、吉本が寡占化した時期は、重なっている。

たむらけんじが労働組合の話を出していたと思うが、その前に、6000分の5400人くらい(全体像を把握してないので人数は適当)は所属タレントでは無くするべきだと思う。ワンコイン組以下にまで労働に含めてしまうと話の土台すらできない。

芸で稼ぐまでの活動はしてないのに大阪から東京へ進出する事を拒まれ、「吉本を辞めさせられ」「フリーの状態で東京へ行き」「芸人によっては以前のコンビ名で活動する事を禁止される」といった芸人を目にする事が増えたのも今世紀の話だ。とにかくろくすっぽマネージメントもできないクセして芸人の頭数だけはやたらと確保している。

この辺すら明文化されてないのだろうか?

---



宮迫と亮は悪い事は悪いで、制裁は受けた。
次は「世論が」岡本、ひいては大崎の人生を潰す流れになっても構わないと思う。きつい言い方だが。

  • -
  • 22:12
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Link(Blog)

【50音順】
大阪を歩こう
(osakawalkerさん)
気まぐれblog
(miz0001さん)
雑多な「雑記帳」
(bubu@さん)
やま♪の徒然日記
(やま♪さん)
よろしくどうぞ
(まついよしおさん)
-----
うちへのリンクは複数コメント頂いた方なら自由です

降水予報・近畿

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM