一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

芥川1芥川・防災ステーション建設現場前。この冬も百合鴎(ユリカモメ)が来てくれています。


芥川2神峯山寺3西国街道芥川橋の大銀杏(左)も、神峯山寺の参道(右)も、すっかり落葉して枝だけの冬の姿になりました。でも、めっちゃ寒いという程でも無いけど。

と言う訳で、今日は芥川沿いを久々に自転車で北上の巻。


芥川4まず、軽く寄り道。府境にある空谷橋の先から左手(西)に入る林道を少し進むとあるゲート。ここから山をぐるっと回って萩谷ゲート(この記事の下の方)へ抜け出る岡山林道のゲートです。萩谷までは約10km。
こっちには進まず、枚亀線に戻り北上。


出灰5出灰6空谷橋から10分で出灰(いずりは)。道なりに左へ進むと田能〜亀岡ですが、今日はここを右へ曲がり出灰川を遡上します。
「歴史の散歩路 一休さんゆかりの道」の道標があります。


出灰7出灰81分で左手に写真左の分岐。「素盞嗚神社すぐそこ 出灰遊歩道ごゆっくり」…これ分岐か?と思いつつ自転車を下りて入りましたが、小川と民家の間をすり抜ける、味のある道でした。
写真右の道標が少し先にあると分かったのはここまで戻ってきて再出発後。


出灰9出灰83分で「素盞嗚神社(すさのお[すさのう]-)」。大きな桂の木の右下脇に、その9分の1位の鳥居。私でも十分潜れる高さの鳥居ですが、木と比べるとおもちゃに見えます。


出灰11その桂の木を見上げます。解説板には樹高30mと記されてあります。


出灰12出灰137分で、釣り堀や宿泊施設のある「せせらぎの里」。その先すぐ右手に「出灰不動尊→」の案内板。ここへも寄り道。


出灰14出灰15出灰川を渡り、くねくねした山道を進みます。


出灰163分で「出灰不動尊(妙芳院 光明寺)」。4体の像と小さなお稲荷さんが出現します。


出灰17
真ん中にいらっしゃるのが、妙に眼差しがリアルなお不動さん。クワッ!
「一心に願いをこめ、ほとけ様に水を三回おかけ下さい」と書いてあったので、その通りにしました。

出灰18境内の最奥部にある、落葉まみれの神社。簡素ながら神聖な雰囲気が漂っていました。

続く

  • -
  • 01:31
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
念願の(森林追憶)へ去る1月快晴の日に探検しました。規模は小さく.ともちょつとした景観で、写真うつりもよく?満足しました。 秋にもう一度と思いながら後にしました。 (森林追憶)フアンの皆さん有難う。リンク:<森林追憶>、<森林追憶パート2>、<森林追憶
  • 高槻のええとこブログ
  • 2007/02/21 9:34 AM

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Link(Blog)

【50音順】
大阪を歩こう
(osakawalkerさん)
気まぐれblog
(miz0001さん)
雑多な「雑記帳」
(bubu@さん)
やま♪の徒然日記
(やま♪さん)
よろしくどうぞ
(まついよしおさん)
-----
うちへのリンクは複数コメント頂いた方なら自由です

降水予報・近畿

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM