一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

大阪市→特別区移行後の予想
・新旧区名は異なる。そして平野区の特徴として、「瓜破」「長吉」「喜連」「加美」の各地区は現時点で旧自治体名を冠している。このため、これら各町は新区で「平野」を冠する可能性は低いと思う。
・一方、旧・平野郷町の大半も「平野」を冠しているが、「流町」「背戸口」「西脇」の3町は現状冠していない。この3町が平野区分区以前は「平野」を冠していた事と、更に遡る平野郷の歴史を考慮すると、この3町は再び「平野」を冠する可能性が高いと思う。
・旧・瓜破村と旧・長吉村は旧河内国の丹北郡、のち中河内郡。
・旧・加美村は旧河内国の渋川郡、のち中河内郡。

●平野区
・昭和49年(1974年)東住吉区から分離、新設。



現行地名特別区化後の予想地名(現)読み方
平野区 瓜破西天王寺区 瓜破西うりわりにし
平野区 瓜破天王寺区 瓜破うりわり
平野区 瓜破南天王寺区 瓜破南うりわりみなみ
平野区 瓜破東天王寺区 瓜破東うりわりひがし
平野区 長吉長原西天王寺区 長吉長原西ながよしながはらにし
平野区 長吉長原天王寺区 長吉長原ながよしながはら
平野区 長吉川辺天王寺区 長吉川辺ながよしかわなべ
平野区 長吉長原東天王寺区 長吉長原東ながよしながはらひがし
平野区 長吉六反天王寺区 長吉六反ながよしろくたん
平野区 長吉出戸天王寺区 長吉出戸ながよしでと
平野区 喜連東天王寺区 喜連東きれひがし
平野区 喜連天王寺区 喜連きれ
平野区 喜連西天王寺区 喜連西きれにし
平野区 平野西天王寺区 平野西ひらのにし
平野区 流町天王寺区 平野流町ながれまち
平野区 平野南天王寺区 平野南ひらのみなみ
平野区 平野東天王寺区 平野東ひらのひがし
平野区 平野本町天王寺区 平野本町ひらのほんまち
平野区 背戸口天王寺区 平野背戸口せとぐち
平野区 西脇天王寺区 平野西脇にしわき
平野区 平野馬場天王寺区 平野馬場ひらのばば
平野区 平野北天王寺区 平野北ひらのきた
平野区 平野元町天王寺区 平野元町ひらのもとまち
平野区 平野上町天王寺区 平野上町ひらのうえまち
平野区 平野宮町天王寺区 平野宮町ひらのみやまち
平野区 平野市町天王寺区 平野市町ひらのいちまち
平野区 加美西天王寺区 加美西かみにし
平野区 加美鞍作天王寺区 加美鞍作かみくらつくり
平野区 加美南天王寺区 加美南かみみなみ
平野区 加美東天王寺区 加美東かみひがし
平野区 加美正覚寺天王寺区 加美正覚寺かみしょうがくじ
平野区 加美北天王寺区 加美北かみきた


※現・中央区(旧・東区の船場地区)に「平野町」有り。そちらの由来は、京都の平野神社とされている。

大阪市→特別区移行後の予想
・新旧区名は違い、また旧・住吉郡域が大半だが、旧・住吉村や住吉大社からはやや離れている事と、現区名に方角が入っており、そのまま連称するとくどくなる場合がある(例:東住吉東田辺、東住吉公園南矢田)ため、旧区名は冠さない可能性が高いと思う。
・町名語尾に「矢田」が付く旧・矢田村は旧河内国の丹北郡、のち中河内郡。河内国と摂津国のおおよその境界は東西が現在の長居公園通、南北が現・住吉区と東住吉区の境界。
・「長居公園」は当区に属するが、長居を冠する各町は現・住吉区に属する。公園の東約3分の1が旧・鷹合。

(3月5日追記)
「東住吉」を残す方法(私案)
・長居公園東筋を、東住吉筋に改名する。
・今の通り名は平成7年(1995年)に付けられた大阪市内にしては新しめの愛称だが、長くて若干言い辛いのと、全通してない事もあり、まだ定着してない感がある(私感)。長居公園の東側を通過するが、旧・長居地区は通っていない。

●東住吉区
・昭和18年(1943年)住吉区から分離、新設。設置当時は矢田を含まず、現・平野区の平野と喜連を含んでいた。



現行地名特別区化後の予想地名(現)読み方
東住吉区 桑津天王寺区 桑津くわづ
東住吉区 今林天王寺区 今林いまばやし
東住吉区 杭全天王寺区 杭全くまた
東住吉区 今川天王寺区 今川いまがわ
東住吉区 西今川天王寺区 西今川にしいまがわ
東住吉区 田辺天王寺区 田辺たなべ
東住吉区 北田辺天王寺区 北田辺きたたなべ
東住吉区 山坂天王寺区 山坂やまさか
東住吉区 南田辺天王寺区 南田辺みなみたなべ
東住吉区 東田辺天王寺区 東田辺ひがしたなべ
東住吉区 駒川天王寺区 駒川こまがわ
東住吉区 針中野天王寺区 針中野はりなかの
東住吉区 中野(注1)天王寺区 中野なかの
東住吉区 湯里天王寺区 湯里ゆざと
東住吉区 鷹合天王寺区 鷹合たかあい
東住吉区 長居公園天王寺区 長居公園ながいこうえん
東住吉区 公園南矢田天王寺区 公園南矢田こうえんみなみやた
東住吉区 矢田天王寺区 矢田やた
東住吉区 照ケ丘矢田(注2)天王寺区 照ケ丘矢田てるがおかやた
東住吉区 住道矢田天王寺区 住道矢田すんじやた


(注1)現・都島区に「中野町」有り。
(注2)大阪市サイト町名一覧と郵便番号検索に従って「ケ」と記した。→天王寺区の注4参照

大阪市→特別区移行後の予想
・新旧区名は違うが、阿倍野を冠する現行町名があるのと、厳密な「阿倍野」の区域を確定しにくい(明治18年測量地図にも「天王寺村及安倍野村錯雑地」の文字が見える)ため、旧区名は冠さない可能性が高いと思う。本来の阿倍野集落の中心は「阿倍野元町」で、「阿倍野筋」は天王寺村。
・日本歴史地名体系は阿倍野村の主な範囲を「松虫通1・2丁目」「晴明通」「相生通1丁目」「阿倍野元町」「王子町2・3丁目」「など」としている。阪堺上町線の東天下茶屋駅周辺一帯になる。


現行地名特別区化後の予想地名(現)読み方
阿倍野区 旭町(注1)天王寺区 旭町あさひまち
阿倍野区 阿倍野筋天王寺区 阿倍野筋あべのすじ
阿倍野区 共立通天王寺区 共立通きょうりつどおり
阿倍野区 丸山通天王寺区 丸山通まるやまどおり
阿倍野区 松虫通天王寺区 松虫通まつむしどおり
阿倍野区 王子町天王寺区 王子町おうじちょう
阿倍野区 阿倍野元町天王寺区 阿倍野元町あべのもとまち
阿倍野区 晴明通天王寺区 晴明通せいめいどおり
阿倍野区 橋本町天王寺区 橋本町はしもとちょう
阿倍野区 相生通天王寺区 相生通あいおいどおり
阿倍野区 北畠(注3)天王寺区 北畠きたばたけ
阿倍野区 帝塚山(注3)天王寺区 帝塚山てづかやま
阿倍野区 万代(注2)(注3)天王寺区 万代ばんだい
阿倍野区 播磨町(注3)天王寺区 播磨町はりまちょう
阿倍野区 阪南町天王寺区 阪南町はんなんちょう
阿倍野区 西田辺町天王寺区 西田辺町にしたなべちょう
阿倍野区 長池町天王寺区 長池町ながいけちょう
阿倍野区 桃ケ池町(注4)天王寺区 桃ケ池町ももがいけちょう
阿倍野区 昭和町天王寺区 昭和町しょうわちょう
阿倍野区 文の里天王寺区 文の里ふみのさと
阿倍野区 松崎町(注A)天王寺区 松崎町まつざきちょう
阿倍野区 三明町天王寺区 三明町さんめいちょう
阿倍野区 美章園天王寺区 美章園びしょうえん
阿倍野区 天王寺町南天王寺区 天王寺町南てんのうじちょうみなみ
阿倍野区 天王寺町北天王寺区 天王寺町北てんのうじちょうきた


(注1)現・此花区(新・淀川区)に「朝日」、現・西成区に「旭」有り。
(注2)1丁目のみ。2〜6丁目は現・住吉区。
(注3)大正14年(1925年)以前は大半が住吉村域。住吉高校所在地の元々の住所は「住吉村 字阿部野」。阿部野神社も予定地を巡って紆余曲折があったが、最終的に住吉村内に建立された。このままであれば、新区でも引き続き袂を分つ形になるが、住吉の郡名・区名が無くなる事を考えると、住吉村ゆかりの地域で若干ながら「住吉」を冠する可能性もある(なお、町字境界は昔と今とで違う)。
(注4)大阪市サイト町名一覧と郵便番号検索に従って「ケ」と記した。→天王寺区の注4参照
(注A)一本松の「松」と、長者ヶ崎の「崎」の合成。

天王寺区域の新住所予想

大阪市→特別区移行後の予想
・新旧区名が同じなので、「天王寺○○」のように旧区名を冠さないと思う。なお、天王寺村の北半が明治30年(1897年)に大阪市に編入された際には南区に属し、ほとんどの町名に「天王寺」を冠していた。
・一見変更無しだが、今の東京特別区に倣うなら、英語では Tennoji-ku や Tennoji Ward ではなく、Tennoji City にすると思う。


現行地名特別区化後の予想地名(現)読み方
天王寺区 下寺町(注1)天王寺区 下寺町したでらまち
天王寺区 逢坂天王寺区 逢坂おうさか
天王寺区 四天王寺天王寺区 四天王寺してんのうじ
天王寺区 伶人町天王寺区 伶人町れいにんちょう
天王寺区 夕陽丘町天王寺区 夕陽丘町ゆうひがおかちょう
天王寺区 六万体町天王寺区 六万体町ろくまんたいちょう
天王寺区 生玉寺町天王寺区 生玉寺町いくたまてらまち
天王寺区 生玉町天王寺区 生玉町いくたまちょう
天王寺区 生玉前町天王寺区 生玉前町いくたままえまち
天王寺区 上汐天王寺区 上汐うえしお
天王寺区 上本町(注2)天王寺区 上本町うえほんまち
天王寺区 清水谷町天王寺区 清水谷町しみずだにちょう
天王寺区 空清町天王寺区 空清町からきよちょう
天王寺区 空堀町天王寺区 空堀町からほりちょう
天王寺区 玉造本町天王寺区 玉造本町たまつくりほんまち
天王寺区 玉造元町天王寺区 玉造元町たまつくりもとまち
天王寺区 真田山町天王寺区 真田山町さなだやまちょう
天王寺区 餌差町天王寺区 餌差町えさしまち
天王寺区 城南寺町天王寺区 城南寺町じょうなんてらまち
天王寺区 東高津町天王寺区 東高津町ひがしこうづちょう
天王寺区 小橋町天王寺区 小橋町おばせちょう
天王寺区 味原本町天王寺区 味原本町あじはらほんまち
天王寺区 味原町天王寺区 味原町あじはらちょう
天王寺区 舟橋町天王寺区 舟橋町ふなはしちょう
天王寺区 下味原町天王寺区 下味原町しもあじはらちょう
天王寺区 東上町天王寺区 東上町とうじょうちょう
天王寺区 堂ケ芝(注4)天王寺区 堂ケ芝どうがしば
天王寺区 細工谷天王寺区 細工谷さいくだに
天王寺区 筆ケ崎町(注4)天王寺区 筆ケ崎町ふでがさきちょう
天王寺区 石ケ辻町(注4)天王寺区 石ケ辻町いしがつじちょう
天王寺区 上之宮町天王寺区 上之宮町うえのみやちょう
天王寺区 小宮町天王寺区 小宮町こみやちょう
天王寺区 北山町天王寺区 北山町きたやまちょう
天王寺区 松ケ鼻町(注4)天王寺区 松ケ鼻町まつがはなちょう
天王寺区 烏ケ辻(注4)天王寺区 烏ケ辻からすがつじ
天王寺区 真法院町天王寺区 真法院町しんぽういんちょう
天王寺区 勝山天王寺区 勝山かつやま
天王寺区 国分町天王寺区 国分町こくぶちょう
天王寺区 寺田町天王寺区 寺田町てらだちょう
天王寺区 大道(注3)天王寺区 大道だいどう
天王寺区 南河堀町天王寺区 南河堀町みなみかわほりちょう
天王寺区 北河堀町天王寺区 北河堀町きたかわほりちょう
天王寺区 悲田院町天王寺区 悲田院町ひでんいんちょう
天王寺区 堀越町天王寺区 堀越町ほりこしちょう
天王寺区 茶臼山町天王寺区 茶臼山町ちゃうすやまちょう


(注1)現・浪速区に「下寺(しもでら)」有り。→浪速区の項参照
(注2)現・中央区に「上本町西」有り。元々は一緒の町。
(注3)現・東淀川区(新・淀川区)に「大桐」「大道南」有り。
(注4)大阪市サイト町名一覧と郵便番号検索に従って「ケ」と記した。「け」と読まない「ヶ」「ケ」に文字の差は無く、本来はどちらを使用しようと間違いではない。私個人は、自治体名以外は普段はほぼ一律小さい「ヶ」を使用している。

大阪市→特別区移行後の予想
・新旧区名は違うが、現行町名があるのと、元来は広域を示す地名の一つのため、旧区名は冠さない可能性が高いと思う。
・ちなみに、区域の約1/3が明治30年(1897年)以前は西成郡難波村域。

●浪速区
・大正14年(1925年)新設。区名は此花区と同様に和歌の一部を引用しているが、此花が地名でない部分を地名化したのに対し、浪速は地名の「難波津」を採っている。


現行地名特別区化後の予想地名(現)読み方
浪速区 恵美須東中央区?恵美須東えびすひがし
浪速区 恵美須西中央区?恵美須西えびすにし
浪速区 戎本町中央区?戎本町えびすほんまち
浪速区 敷津東中央区?敷津東しきつひがし
浪速区 敷津西中央区?敷津西しきつにし
浪速区 大国中央区?大国だいこく
浪速区 浪速東中央区?浪速東なにわひがし
浪速区 浪速西中央区?浪速西なにわにし
浪速区 木津川中央区?木津川きづがわ
浪速区 幸町中央区?幸町さいわいちょう
浪速区 桜川中央区?桜川さくらがわ
浪速区 立葉中央区?立葉たてば
浪速区 久保吉中央区?久保吉くぼよし
浪速区 芦原中央区?芦原あしはら
浪速区 塩草中央区?塩草しおくさ
浪速区 稲荷中央区?稲荷いなり
浪速区 湊町中央区?湊町みなとまち
浪速区 元町中央区?元町もとまち
浪速区 難波中中央区?難波中なんばなか
浪速区 日本橋西中央区?日本橋西にっぽんばしにし
浪速区 日本橋(注2)中央区?日本橋にっぽんばし
浪速区 日本橋東中央区?日本橋東にっぽんばしひがし
浪速区 下寺(注1)中央区?下寺しもでら
区名再考例→難波区?○○区?


(注1)「下寺(しもでら)」は松屋町筋より西で、昭和18年(1943年)までは天王寺区。これとは別に天王寺区「下寺町(したでらまち)」が松屋町筋より東にある。町域は厳密に言えば昔と異なるが、元々は一緒の町。
(注2)3〜5丁目。日本橋1・2丁目は現・中央区。
※新区名を「中央区」とする事で話は進んでいるが、住民の知恵で覆る可能性もまだ残っていると思うので、一律「?」を付けている。→詳細

特別区の新住所予想を現・東淀川区から始めて、西成区まで9区進みました。
その中の但し書きで「中央区」は覆る可能性もまだ残っていると思うと記していて、理由は最後に書きたかったのですが、
「東京都の中央区・北区が待ったをかけた」というニュースが2月19日に出てしまいましたので、ここでまとめます。

---
●現状にそぐわない方角区名
そもそも今の大阪市「北区」「中央区」が大坂三郷・旧市街ベースの方角地名(「中央」は地名編纂者の楠原佑介さんによれば、方角地名ですら無い)。

北区は明治12年(1879年)以来、形を変えながら名称が存続していますが、今も北には淀川区が構え、新・北区は現・鶴見区や東成区など、東に張り出す形になります。北というよりは「中東」です。

中央区は東区と南区を平成元年(1989年)に足したもので、さらに今回は西区が合流し、南西端の住吉区・住之江区まで加わります。無理矢理言うなら「中南西」です。

他の2区も仮称は方角地名でしたが、「東西区」は「淀川区」に、「南区」は「天王寺区」にと、個性的な区名に変更されました。その流れで「北区」「中央区」も是非個性的な区名に。

---
●松井市長にとっては想定内
市長もSNSで若干ぼやいているように見せかけていますが、普通に考えて想定してます。
それは行政区のwardと違い特別区はcityで、市名格の中央区と北区が東京のそれと被る事は事前に分かっているから、大阪側から東京側に照会したのです。

1970年自治省の「既存の市の名称と同一となり、または類似することとならないよう十分配慮すること」という通達は、何れの自治体も遵守しています。先に北海道にあり、平成の大合併時に福島県にも現れる「伊達市」はお互いが納得しているものです。

特別区はこの部分でも市とみなすのか、という論争はあっていいと思いますが、これは、政令市から4特別区への分割を「格落ち」と見せたくない市長に取っては重要な事です。
渋々でも「特別区はcityだから、先例を踏襲し、再考する」と、きっとおっしゃいます。

---
●どういう名称がいいか
「梅田区」「難波区」なら「天王寺区」と合わせて三大ターミナルが揃い踏みとなります。

区の形は経済的均衡を優先させている(ように見える)ため、「西成郡」「東成郡」「住吉郡」のような、包括できる広域地名はありません。

新・北区域は江戸期の核は天満ですが、今では梅田。村名ですらない墓地名からの大出世です。

新・中央区域は江戸期の核である船場・島之内のうちでは船場の方が広く、そこで使われる言葉は「船場言葉」と呼ばれていました。
難波はターミナルがあるだけでなく、「上難波村」の難波神社、「下難波村(のち難波村)」の難波八阪神社、大正区内の旧「難波島」、古過ぎて読みが「なにわ」になりますが「難波宮跡」と、比較的区内の広範囲で使われており、こちらが優勢に感じます。但し、平仮名区名は厳禁

なお淀川区は区の形状からして辛いのですが内陸と海辺の2核で、内陸は「新大阪」、海辺は現在は天保山まわり、将来は「夢洲」も加えて運営していくのかなと思います。淀川区の区名の妥当性は港区予想の項でも書いていますが、安治川が旧淀川本流と捉えるしか無いです。

---
●東京都中央区・北区の補足
中央区は日本橋区と京橋区の合併、北区は王子区と滝野川区の合併で、共に昭和22年(1947年)に成立したもので、区名自体は大した歴史もない、妥協による方角地名です。先行して名乗ったから、同一名称に難色を示す権利がある。それだけです。
東京特別区も一時は区長が公選でなかったなど、ある意味市町村以下だった時代を乗り越えて今があります。

それを記事で銀座ブランドがどうのこうのとか区名に全く関係無い話を織り交ぜるから、SNSで罵倒合戦になるのです。記事に踊らされているだけです。一般の方はともかく、本を出すレベルの著名人がそれではさすがに幻滅します。

大阪市→特別区移行後の予想
・新旧区名は違うが、由来がおおよそ上町台地西側の「西成郡」であり、元来の郡の範囲とは大きく異なる事もあり、旧区名は冠さない可能性が高いと思う。
・歴史地名の西成を何らかの形で残してもよいと思う一方、近年の報道を基とする風評被害も事実としてある。住民の意向が最優先。


現行地名特別区化後の予想地名(現)読み方
西成区 玉出東中央区?玉出東たまでひがし
西成区 玉出中中央区?玉出中たまでなか
西成区 玉出西中央区?玉出西たまでにし
西成区 千本南中央区?千本南せんぼんみなみ
西成区 千本中中央区?千本中せんぼんなか
西成区 千本北中央区?千本北せんぼんきた
西成区 南津守中央区?南津守みなみつもり
西成区 津守中央区?津守つもり
西成区 北津守中央区?北津守きたつもり
西成区 北開(注1)中央区?北開きたひらき
西成区 中開(注1)中央区?中開なかひらき
西成区 南開(注1)中央区?南開みなみひらき
西成区 出城中央区?出城でしろ
西成区 長橋中央区?長橋ながはし
西成区 鶴見橋中央区?鶴見橋つるみばし
西成区 旭(注2)中央区?旭あさひ
西成区 梅南中央区?梅南ばいなん
西成区 松中央区?松まつ
西成区 橘中央区?橘たちばな
西成区 潮路中央区?潮路しおじ
西成区 花園南中央区?花園南はなぞのみなみ
西成区 花園北中央区?花園北はなぞのきた
西成区 萩之茶屋中央区?萩之茶屋はぎのちゃや
西成区 太子中央区?太子たいし
西成区 天下茶屋北中央区?天下茶屋北てんがちゃやきた
西成区 天下茶屋(注4)中央区?天下茶屋てんがちゃや
西成区 岸里中央区?岸里きしのさと
西成区 岸里東(注4)中央区?岸里東きしのさとひがし
西成区 天神ノ森(注4)中央区?天神ノ森てんじんのもり
西成区 聖天下(注3)中央区?聖天下しょうてんした
西成区 天下茶屋東(注3)中央区?天下茶屋東てんがちゃやひがし
西成区 山王(注3)中央区?山王さんのう
区名再考例→難波区?○○区?←2.29追記


(注1)大阪市サイト町名一覧では「ひらき」と濁らないが、郵便番号検索では「びらき」と濁る。
(注2)現・此花区(新・淀川区)に「朝日」、現・阿倍野区(新・天王寺区)に「旭町」有り。
(注3)のほぼ全域と(注4)の一部は旧・東成郡天王寺村域。このうち山王のほぼ全域と天神ノ森の一部は小学校区が阿倍野区扱いで、このままであれば、近年の改革で校区が柔軟になりつつあるものの、新特別区でも引き続き境界を跨ぐ事になる。
※新区名を「中央区」とする事で話は進んでいるが、住民の知恵で覆る可能性もまだ残っていると思うので、一律「?」を付けている。→詳細


大阪市 てんのじ村
上方演芸発祥之地 てんのじ村記念碑(山王1丁目・阪神高速阿倍野入口の東隣)
※二重の鉄柵扉がある。撮影日は写真に見える内側は開いていたが外側はストッパーがかけてあったので、開けて入って出る時に閉めた。立て付けが悪く開け閉めが難しいので注意。


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Link(Blog)

【50音順】
大阪を歩こう
(osakawalkerさん)
気まぐれblog
(miz0001さん)
雑多な「雑記帳」
(bubu@さん)
やま♪の徒然日記
(やま♪さん)
よろしくどうぞ
(まついよしおさん)
-----
うちへのリンクは複数コメント頂いた方なら自由です

降水予報・近畿

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM