一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

昨年11月11日にLOVELOGが壊れた時に「書きかけ置き場」に緊急避難させていた記事が、1年経ってようやく日の目を見ます。

大蔵司橋0芥川の名神高速南側に架かるのが大蔵司橋。3年かけて架替工事中です。
まずこちらは2005年10月16日。左が名神、真ん中が川岸に現れた仮橋、右が従来の大蔵司橋。


大蔵司橋12005年11月3日。真ん中の仮橋が延びてきました。
ここまでが「書きかけ置き場」に置いていた写真。


大蔵司橋22006年1月28日には、既に仮橋通行になっていました。この写真だけ小さいので分かりにくいですが、「元・大蔵司橋」を撤去中。


大蔵司橋32006年5月6日。元の橋があった位置には「重機作業用の橋」が築かれ、そこからショベルが川面をいじくっています。


大蔵司橋4そして最新の2006年10月21日。左から名神、市バスが通る仮橋、そして作業用の橋。土台固めをしているからか、ここ最近は見た感じの変化はあまりありません。


大蔵司橋5同日。ショベルが川に入って作業をしています。だから川が時々濁るのですが、こればっかりは致し方ないか。

神峯山寺1高槻市の山奥にある、紅葉で有名な神峯山寺(神峰山寺=かぶさんじ)参拝。10月29日、今秋一拝目です。この門は駐車場横の仁王門なのですが、


神峯山寺2
門前でまず振り返ると鮮やかな!真緑の楓。紅葉は全く進んでませんが、和装の男性がお二方いらっしゃって、絵になりました。

神峯山寺3とは言え、本堂への参道途中には気の早い紅葉もちらほら見られます。


神峯山寺4基本的にはまだまだ緑。ここは鐘楼堂途中の階段から観音堂を見た図です。「全然やねえ」と言う参拝客の声も耳にしたので、早い紅葉目当ての方もいらっしゃるのでしょうね。
…と言う事で、山奥とは言え紅葉見物にはまだまだ早い神峯山寺です。


芥川橋5所は大きく変わって、ここはJR高槻駅からも近い西国街道芥川橋。すぐ北が桜堤公園の所ですが、橋の東詰に大銀杏が立っています。今年はこの銀杏を注目しようかなと思っております。とりあえず、まだまだ緑です。
ちなみに大銀杏の足下近くに、神峯山寺へ導く道標があります。脈絡が無いようで実は繋がっている二地点なのです。


芥川橋6この大銀杏、雀がヒッチコックの鳥ばりに、夕方になると集結します…(※これだけ以前に撮影したものなので、空の色が違う)

摂津峡の上の、萩谷総合公園の上の、萩谷集落。

萩谷1一度ジョギングで来た萩谷バス停。左の茶色い建物が待合室で、バスが来るのはここまでですが、道路はまだ上へ。この日も登りはジョギングで進みました。
この先、道が二手に分かれます(写真割愛)。以下の写真は左の道を進むと見られる風景です。


萩谷3萩谷4
新手の案山子…?発見。

萩谷5車も通れないような細い道を登ると、諏訪神社が現れます。白さが際立つ鳥居は1998年(平成10年)再建されたもの。


萩谷6階段を上がると小さな境内が広がります。


萩谷7本殿に向かう通り抜け部分には、手動操作の蛍光灯。一度、夜に訪れてみたい…。


萩谷8境内から高槻市街方面が…見えません。萩谷総合公園すら見えない、深い山間。


萩谷9先を進んだここで道路が再合流。神社からの道は左。走り登った道は手前から右の登りに続く、車が通れる道です(神社へは歩いて下った)。え〜、こんなん登るの?


萩谷10こんなん登れません。笑 少し先のこの辺りでジョギング終了。左上の家が萩谷集落の最上部です。そして道路はこの先、地獄谷峠を越える岡山林道。


萩谷11その岡山林道(左の道)は大型ゴミの不法投棄が絶えない為、11月1日からゲートが閉められます。右の道も林道ですが、既にゲートが設置されています。山にわざわざゴミを捨てに来る「人間のゴミ」が存在する現実…。
せっかくなので林道のちょっと先も覗いてみました。左に曲がると、


萩谷12山しか無かった。
でも、なんかソソります。

枚方1
左の竹笹の下には高槻市役所と駅前の高層マンション、鉄塔の右手背後にポンポン山。写真の左右を貫くのは淀川。と言うことで、ここは対岸の枚方です。

枚方2ここは京阪電車枚方市〜枚方公園間の南側、万年寺山裾の「御茶屋御殿跡」に今春完成した展望広場。秀吉が1595年(文禄4年)に茶屋を建てた場所だそうです。その昔は比叡山まで見通せたのかも知れませんが、今は枚方市駅北口のビル群が邪魔をしています。
1679年(延宝7年)全焼。


枚方3広場のすぐ傍にある「意賀美神社(おかみじんじゃ)」です。広場と神社の間には梅林もあります。
1870年(明治3年)まで長松山万年寺があったので「万年寺山」、1909年(明治42年)に伊加賀の意賀美神社ほか近隣の神社が合祀されてここに建立されたのが、今の意賀美神社。

今日は秋の平凡な風景。平凡が幸せ。

高槻1
農地の隅っこでピンクの秋桜(コスモス)が満開です。花の向こうには刈り入れ後(左)と前(右)の田んぼ。

高槻2刈り入れ前の方は、近所の竹の内小学校の学習田と書いてありました。案山子に巻かれた布には生徒のメッセージが。中にはドラえもんの絵も描かれていましたが、最近の子はさすがに「マルかいてチョン♪」と歌いながらは描かないでしょうねえ(←オッサン炸裂)。


高槻3少し先にあった田んぼは焼いている最中でした。

高槻市中南部、枚方大橋北西側の番田・大塚にて。

阪神タイガースが優勝しなくても高槻には、

松坂屋
JR高槻駅南口に関西唯一の「松坂屋」がある。

ちなみに、西武もJR高槻駅北口にある。密かに優勝セールの多い街、高槻。

最近、少し風景に変化があった二地点です。

上宮1
始めはJR高槻駅から北へまっすぐ歩いた所にある上宮天満宮の、坂を登り切った所。

上宮2いい対比写真が見当たらなかったのですが、以前はこんな感じでした。門構え(神域門)が石製の立派な物に新調されていて、左手車道側にも跨がりました。真ん中の石柱の、ちょうど紅白の横断幕の間くらいに「神」と書かれてあります。


芥川1変わってこちらはJRの鉄橋の南側右岸、防災ステーション予定地横の狭い堤防道路。先日の記事「鉄橋をシゲシゲと見る」の真横です。堤防上は先月から車道が右側(川じゃない方)に迂回になっています。


芥川2その少し南側、堤防を下って津之江の迷路へ向かう部分。緑のフェンスの内側(右側)に白い側溝が造られているので、その分車幅が広がりそうですね。
通過中の車で分かりますが、現状は普通車のすれ違いすら不可能な狭さですが、それを注意する類いの道路標識が無いので「場の空気」で離合しないといけない、やっかいな場所です。それを理解していないと…


芥川3つっかえてしまいます。


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Link(Blog)

【50音順】
大阪を歩こう
(osakawalkerさん)
気まぐれblog
(miz0001さん)
雑多な「雑記帳」
(bubu@さん)
やま♪の徒然日記
(やま♪さん)
よろしくどうぞ
(まついよしおさん)
-----
うちへのリンクは複数コメント頂いた方なら自由です

降水予報・近畿

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM