一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

今日は京都駅で、ちょうど今頃(14:00〜)小柳ゆきのライブをやっている頃ですが、私は駅前広場で12:10から30分間あった「松千」を見てきました。
松千の「松」担当・ギターの松本健太と「千」担当・ヴォーカルの花田千草の、佐世保在住の二人組。千草さんの声が好きで、今日最後に歌ったアコースティックなバラード「ライト」は前からお気に入りでした。昨日?αでかかっていたアップテンポの「光のステップ」も演じてくれましたが、いいですね。曲に依っては松本さんも裏声でバックヴォーカル入れてるんやね。

今日発売の初フルアルバムは最初から買う気でいました。

CD1なので、その場で買うた。


CD1サインももうた。握手もして頂きました。

まだ仕事に追われてるのですが、(追われてるからこそ)行って良かった。僅か30分なら、忙しくても行かなアカン。

cd
2月13日以降、丸一日休日という「完全オフ日」が1ヶ月以上ありません(この状態は今日も明日も続く)。常時発狂中です。

が、明日は高槻クロスカントリーの本番。発狂している場合では無い、何とか気持ちを切り替えたい!と言う訳で、ひと仕事終え夕方から買物へ。

最近お気に入りの「うるわしきひと」が入った「いきものがかり」の、3月7日発売のメジャー初アルバム「桜咲く街物語」を購入。メジャー初とは言ってもこの子ら結成は1999年、インディーズでの初CDが2003年と、下積みが長いんやね。それだけで元気出ます。

…1曲リピートにしてたら、もう13回聴いてもうた。

そして、おニューのシューズも購入。萩谷を試走した時、靴中がちょっと気になったので。最初考えていたのと違うコレを店員さんに勧められたけど、コレが試し穿きしたらあまりにもピッタリで即決、縁起がいい。これで頑張ります。

サニサイ
プラッツ近鉄の最終訪問の時に書いた(→コレ)サニサイ(SANISAI)のCD「シアワセノアシアト」が、送られてきました。
閉店に歌詞を合わせてあるのだけれど、季節柄「卒業ソング」にも聴こえる、優しく切なく前向きな歌です。

41位〜60位
TOP 60
ここでも小島麻由美が6曲、オレペコが4曲。60位「輪舞」はオリジナルバージョンが再生80回(4位)。このリミックスを足すと計111回で、影の1位。

再生30回台になると、90年代の曲が増える。その中でも熊谷幸子(48位)、井上睦都美(60位)あたりで、昔802リスナーだった事が確実にばれる。

CD小島麻由美の今年3月15日発売の最新アルバム「スウィンギン・キャラバン」から、ハイテンポでノリノリの「chakachaka」が55位にランクイン。


61位〜80位
TOP 80
小島麻由美は最新アルバム内の不思議ソング「蝶々」を含め3曲、オレペコが2曲。
そしてここにきて初めて男性単独ボーカルのTHE BOOM(78位)、小椋佳(同)が登場。どれだけ女性ボーカルしか聴かへんねんと言うくらい偏っている。

CDここで今年7月26日にベストアルバムを出したBonnie Pinkが、66位に4曲固まって登場。2000〜02年位まであまり聴いてなかったけど、03年のアルバム「Present」あたりからまた聴くようになった。


81位〜100位
TOP 100
同点があるので実質TOP 106。ここではUAが5曲。なんとも異質なNHK教育の歌のお姉さん役で童謡を披露した2004年の「うたううあ」から55位に1曲、95位に3曲。

ちなみにアーティスト別曲数TOP5は
orange pekoe 20曲
小島麻由美 20曲
Bonnie Pink 7曲
UA 7曲
Pizzicato Five 5曲。

傾向がもろ現れているTOP 100なのでした…。

そうそう、iTunes7にバージョンアップしたのは今月のこと。去年v5に「コノヤロー」と言って以来。ジャケット表示が無駄ながら格好いい。

もう完全にリアルタイムチャートから逸脱した聞き方をしているので…

今年は「J-POP編」と題し、たぶん2002.11頃〜2006.12.27までのJ-POPの再生回数をカウントアップ。

1位〜20位
TOP 20
1位はorange pekoe「Happy Valley」で、あと3回で再生回数100。全体でもオレペコが半分以上の11曲、小島麻由美が3曲と、「ダブル好きなアーティスト」で14曲を占める中で、

マイブームの間瀬りさが録音から9ヶ月で6位。
唯一90年代の北川恭子「歩いていきたい」が15位。

CDオレペコの最新オリジナルアルバムは昨年12月14日発売「Grace」。心地よさがグレードアップしたこのアルバムの中で一番お気に入りの曲が13位の「Green Flash」。ナガシマトモコはホンマ気持ち良さげに歌う。

CDさらに今年11月22日にはリミックスベストアルバム「Best Remixes」を発売した。


21位〜40位
TOP 40
ここでは小島麻由美が「結婚相談所」から「茶色の小瓶」まで10年分まとめて7曲がランクイン。オレペコは2曲。

今年単発的に気に入ったGARNET CROW「まぼろし」が21位。
大木彩乃(33位)、SR Smoothy(40位)と、α-Stationリスナーならでの曲がボチボチ見られる。
続く

マッセ

…その曲がTVで放映されれば、TVとPC繋いで、音声読み込んで、画面からジャケ作って、iPodに入れて、あたかも一丁前のシングルのように扱えてしまうのが現代技術の嬉しいところ。

そんなにしてまでiPodに入れたかった曲が、「負けるな!クレドル ませりさ」。そう、右側プロフィールで昨年秋口から「マイブーム」としておきながら一度も記事で触れた事が無かった(「間瀬りさ」で検索してここに来てくれていた方、記事がなくて拍子抜けで申し訳ありませんでした)「間瀬りさ(以下マッセ)」の歌です。先週火曜日、火付け役となったレギュラー番組「京都!ちゃちゃちゃっ」のマッセ担当最終回で放映されたのでした。

ちなみにクレドルというのは、クレーム(がつく)アイドルの略です…。

iTunes私のiTunes再生回数TOP10!(独り善がり企画が続く…)
昨年末から05年に発表された曲分です。といっても、去年の12月29日から今年の8月19日まで長い間曲を入れなかったので、ほとんど今年秋の曲です。

1位はTwo As Oneでした〜Crystal KayもChemistryもよく聴く歌手ではないけど、この曲は純ポップで可愛かったです。

2位のサンタラ、3位・5位・6位の曲が入った「Readymade Digs Classics」はブログで以前紹介しました。

4位はお気に入りのorange pekoeです。アルバムが12月発売だったので、シングルで買ったこの曲だけがランクイン。

7位・8位はBonnie Pink。「I'm In The Mood For Dancing」をカバーした頃から、それ以前より好きになりました。

9位はAmerie(エイメリー)、洋楽はこれのみ。ポコポコした曲です。

10位はBENNIE K。これはCMソングなのでベタですね〜。このコンビのアルバムは、あまりベタなイメージないんですけどね。


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Link(Blog)

【50音順】
大阪を歩こう
(osakawalkerさん)
気まぐれblog
(miz0001さん)
雑多な「雑記帳」
(bubu@さん)
やま♪の徒然日記
(やま♪さん)
よろしくどうぞ
(まついよしおさん)
-----
うちへのリンクは複数コメント頂いた方なら自由です

降水予報・近畿

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM