一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

高槻そうそう、柳谷から帰ってくる時、最後にもう一つ寄り道してたんやった。
高槻市大手町。阪急高槻市駅から城北通、171を渡ってケアーズドラッグを左折(外堀通)、次の直角カーブを右折してすぐの右手に最近出来た、Jou Et Boite(ジュエ・ボワット)でパンを購入。1個だけUP。

171より南側で城跡公園に近い所なので、ここでパンを買って城跡公園で休憩などという時に使いやすそう。
↓「続き」に地図を入れます
(Mac OS XではSafari等、9ではMozilla1.3.1等のブラウザで御覧下さい)
続きを読む >>

東天川の春日神社(→前記事参照)から檜尾川に沿って北上。

檜尾川10171とJRを越えて、JR付近。この付近は東側左岸しか通れません。川の水が無い(ように見えますが、草むらの陰でちょろちょろ流れている)。


檜尾川11西国街道を越えてからは右岸が一般道。左岸には名神高速の垂直壁。名神を潜る手前で柳谷道(r79伏見柳谷高槻線)に合流。


檜尾川12道路はまた東側左岸へ。東側の田園風景に対して西側右岸は垂直のコンクリート壁の上に連なる日吉台の住宅群で、両極端。そしてまた川の水が無い(ように見えますが、ここも写真左端をちょろちょろ流れている)。


檜尾川13成合の集落北端にある市バスの上成合回転場。
ここから約2.6kmはきつめの登り坂で、しかも砕石場がある為ダンプが往来しまくる辛い道ですが、手前の日吉台から遠くに大阪梅田のビル群まで見通せる場所が一箇所あります。


檜尾川14川久保峠。この先に砕石場とゴルフ場に向かう分岐があって、ようやくマシなサイクリングが出来るようになります。
峠を越えたと言う事は別の谷に移ったと言う事。川久保の集落は高槻市で唯一の、水無瀬川の谷にある集落です。


檜尾川15川久保の集落が見えると同時に鳥居が出現。これはポンポン山へ向かう途中にある本山寺の鳥居。神峯山寺にも抜けられます。
地名の由来は地形そのまんまです。なので表題が「川窪の川久保」。昔は久保ヶ原とも言われていたそうです。


檜尾川16そして鳥居傍にある、市バスの川久保回転場。先述の上成合までは頻度が高いですが、ここまで来るバスは1日8便ほど。


檜尾川17本山寺の鳥居を潜って50m程で右折、バイクしか通れない狭い道の先にある階段を登ると…


檜尾川18川久保の諏訪神社。諏訪神社には萩谷にもあります(→参照)が、形状も似ています。こちらは川久保尋常小学校跡地でもあり、そのせいかどうかは分かりませんが境内にブランコがあります。


檜尾川19
r79柳谷道に戻ってこちらは…「磐手小学校川久保分校」跡地。分校跡があるのも萩谷と同じです。
萩谷よりはこちらの方が谷が深く狭く、秘境感があります。

檜尾川20続く

なんやこの無理矢理な中央線は…。

檜尾川1
高槻市街から直接淀川に流れ込む二本の川のうちの一つ、檜尾川(ひおがわ)。もう一つが芥川。最下流の演習橋から上流方向です。

檜尾川2上の正面に見える橋がこの橋。何度かここで取り上げていますが、十高線の新しい橋です。外観は仕上がっていますがまだ未開通。


檜尾川3未開通なのは、橋とここ(須賀町南交差点)との間の道が出来ていないから。手前の道路が左上方向へ伸びると、新しい橋に繋がります。その距離300m。
但し、ここが開通しても劇的に何かが変わる訳ではありません。


檜尾川4ようやく今日の本編。
檜尾川の西側右岸を進むと、次の中堤橋手前で堤防外側下に降りる道があって、その先に鳥居と森が見えます。


檜尾川5これが、忘れた頃にやってきた市内の春日神社シリーズ(3)東天川(ひがしあまがわ)の春日神社。
(1)(2)


檜尾川6
檜尾川7
檀尻*(だんじり。ここの説明板にはこの漢字が充てられている)が飾られていました。細部まで丁寧な作りの檀尻ですが、交通事情により巡行は出来ないようです。
お祭りは今日明日です。今夜が宵宮、明けて7日の14時からが本祭。
(*檀は「きへん」です。最初間違えてましたすみません)

檜尾川8春日神社から中堤橋を渡った対岸。道路の三角州に彼岸花(ヒガンバナ)。
車の列を見てもらえれば予測がつくと思いますが、檜尾川堤防の特に171からこの辺りは自転車・歩行者にはつらい作りになっています。狭い、歩道が無い、変形交差点だが信号が無い、大型車の抜け道になっている。


檜尾川9上の写真のすぐ右側。こちらは道路の外側法面に彼岸花。
これを500m位進んだら淀川に突き当たります。
檜尾川北上編に続く
↓「続き」に東天川春日神社の地図を入れます
(Mac OS XではSafari等、9ではMozilla1.3.1等のブラウザで御覧下さい)

新川1鷺打橋(→前記事の最後参照)から芥川堤防を1.5km北上すると、新川桜堤の南端に着きます。右下の水路が、芥川に平行する新川。
堤防法面の草は定期的に刈られるのですが、今はボウボウです。ボウボウのお陰で昼間っから虫の音が絶えず聞こえて気持ち良いです。


新川2
コスモス(秋桜)。その奥、土手には薄(ススキ)。

新川3上のコスモスの手前に咲く、黄花コスモス(キバナコスモス)。


新川4新川5
枝が新川に向かって横に流れていて、そこから茎が垂直に伸びていて面白いです。サルビア系のチェリーセージ。

新川6秋の定番、彼岸花(ヒガンバナ)。右はまだ蕾です。


新川7
桜堤の桜の木の下を飾る白粉花(オシロイバナ)。土手も含めあっちこっちに生えてます。写真中には入ってませんが、黄色い白粉花も混じっています。

7月7日記事(蓮の頃)
↓「続き」に新川桜堤の地図を入れます
(Mac OS XではSafari等、9ではMozilla1.3.1等のブラウザで御覧下さい)

今日は突然寒くなりました。

三島江01淀川堤防上、淀川河川公園三島江地区の駐車場がある辺りの、堤防を挟んで反対側の風景です。手前の家並みの奥に見えている緑色の田園地帯の一部が、


三島江02
コスモス(秋桜)畑になっています。

三島江03三島江04

三島江05三島江06

三島江07
色とりどりのコスモス。黄色の花はまだ無かったようです。
まだ9月ですが、基本的には10月中が一般公開期です。
10月21日記事
↓最下部「続き」に三島江コスモスロードの地図を入れます
(Mac OS XではSafari等、9ではMozilla1.3.1等のブラウザで御覧下さい)
2年前の記事

三島江08
ついでに近辺の風景も少々。淀川堤防を少し北上すると見えるのが、三箇牧小学校(さんがまき-)のグラウンド。小旗が吊るされていたり石灰で白線を引いていたりテントがあったり…明日が運動会ですか?今降ってる雨が上がったらいいのですが。

三島江09小学校から1km強北上。淀川から芥川に入って最初の橋、鷺打橋(さぎうち-)。


三島江10塗り替えたような気がする(が、対比写真が見つからへん…)。
→北上して次記事

こちらも(1)梨木神社や(2)二尊院と同じ、先週末です。

萩谷01
萩谷02高槻市の山手、標高170m〜220mの所にある萩谷総合公園。
その中で咲いていた、ボリュームのある白萩(ハギ)。奥に見えているピンク色の花は百日紅(サルスベリ)です。


萩谷03こちらは紅萩。
園内は紅萩の方が多いのですが、このように先週の時点でかなり散っていました。


萩谷049月とは言え真夏のような暑さでしたが、トンボはサッカー場の角で乱舞していました(分かりますか?上のやや右寄りとか、左の中程と下側とか)。


萩谷05萩谷06
萩谷07萩谷08
萩が散り気味でやや物足りなかったので、「実」特集です。4枚目は公園外。

萩谷09萩谷10
これも公園外、萩谷バス停よりさらに上の場所。左の拡大が右です。

萩谷11
最後に公園内、僅かな紅葉と暑げな空。早よ秋来い!
→去年の萩谷の萩

阪急富田駅から駅前通りを南へたった200mの西五百住(にしよすみ)町内にあるのに、表通りに面していないせいか今まで場所を把握していなかった小寺池。
阪急踏切→摂津水都信金→郵便局と進み、次の筋で左を覗くと、奥に池らしきものが見えます。

小寺池1
池を蓮の花が覆い尽くすのも来て見て初めて知りました。

小寺池2
浅瀬には水草も生えているので、鴨も居心地がいい事でしょう。

小寺池3

小寺池4池の北寄りにある柳の木には鷺が留まっていました。


↓「続き」に小寺池の地図有り
(Mac OS XではSafari等、9ではMozilla1.3.1等のブラウザで御覧下さい)
続きを読む >>


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Link(Blog)

【50音順】
大阪を歩こう
(osakawalkerさん)
気まぐれblog
(miz0001さん)
雑多な「雑記帳」
(bubu@さん)
やま♪の徒然日記
(やま♪さん)
よろしくどうぞ
(まついよしおさん)
-----
うちへのリンクは複数コメント頂いた方なら自由です

降水予報・近畿

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM