一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

神戸1真下を流れ、直線で神戸港へ注ぎ込む生田川(昔は、今のフラワーロードが流路だった)。その向こう、山側がいつも気になっていた。


神戸2行ってみた。
この坂道を上がり暫くして見える、杖売りのいるレンガ造りの砂子橋(いさごばし)を過ぎると、


神戸3この長い階段を登るのか…。ちなみに左の階段でない方を進むと、布引の雌滝(めんだき)がある。ただ、この写真の真ん中にある地図が、左の道が行き止まりのように書いてあるせいか、


神戸4誰もいてへん(私が寄ったのも帰路)。
しかしここは行き止まりでは無く、登り道が前出の階段と合流する。その先皷滝(つづみがたき)があるが、展望は悪い。視界が開けるのは、


神戸5ここ布引の雄滝(おんだき)。箕面より高い感じがした(帰って調べると、実際高かった。43m)。ここからまた階段を登り、お茶屋を過ぎ三叉路を左へ行くと、


神戸6見晴らし展望台。新神戸駅から直線だと350mほどしか離れてないが高低差があるのでこの展望。写真の枠外だが、この日は弁天町の高層ビルまで見えていた。
この先、まだ登り道がある。雄滝の展望所を真下に見ながら進み、今春かずらで覆われた猿のかけ橋を過ぎる。


神戸7滝の水はあるが、この布引谷川は涸れている箇所もある。地下水脈なんだろうか?こんな風景も横目にしながら辿り着いたのが、


神戸8
布引貯水池。

神戸9ここまで来るともう市街地は見えない。真ん中左寄りにある木の左にゴミのように見える黒点は、ハーブ園行きのロープウェイ「夢風船」。
ここで引き返す。


神戸10写真2枚目の坂を左に曲がってすぐの所に、「背山散策路」という、北野異人館街に抜けられる1.1kmの道がある。散策という割には大半が未舗装でそこそこきつい道。ロープウェイを真上に見ながら進むと、ほぼ中間点にこちらも市街を望める場所がある(こことは別に、北野寄りに「港みはらし台」という小公園もある)。


神戸11この道、北野異人館街からは入り方が分かりにくい。ウィーンオーストリアの家などがあるここの左を上がり、その先に止まっている車の右側に登り口がある。

仕事が余っていて小忙しい週末なのですがそれでもどうしても行きたいところがあって、

仰木さん行ってきたのが神戸市役所の市民ギャラリー。「ありがとう仰木監督」展です。96年のオリックス日本一から10年、本当に早いです。ギャラリーでは当時のビデオも流されていましたが、監督が優勝インタビューで興奮してるのか迷ったのか、言葉が詰まった部分。あの部分がなんとも言えず気に入って、音楽を入れてるMDにインタビュー音声を挟んだのを、ふと思い出しました。MDも全然使ってへんし、あれ、どこやったんやろ…?暇な時に探します。
記帳もして、メッセージも書いて来ました。お別れの会には行けなかったので、やっと何かできたと言う気持ちです。

※展示は31日までです。


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Link(Blog)

【50音順】
大阪を歩こう
(osakawalkerさん)
気まぐれblog
(miz0001さん)
雑多な「雑記帳」
(bubu@さん)
やま♪の徒然日記
(やま♪さん)
よろしくどうぞ
(まついよしおさん)
-----
うちへのリンクは複数コメント頂いた方なら自由です

降水予報・近畿

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM