一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

前記事からの続き。
下音羽からr43を南進。忍頂寺交差点でY字路を左へ、次いで50m先の
能勢41
これを左へ。ここで再びr1がイビツな形で出現します。緩やかに少し上った後、

能勢42
ようやく下り一辺倒に。

能勢43
安威川谷が見えてきた頃、人工構造物が見えます。安威川ダム湖上流側の橋です。

能勢44
車作(くるまつくり)のロータリー。
バスの折り返し場所でもあるせいか、暫定的に正円形ロータリーが出来ています。
今日は左へ下りますし、右へ行ったとしても行き止まりなのですが、将来的には左へ下ると沈んでしまい、右が橋へ繋がる道となります。

能勢45
r1は下りきってr46茨木亀岡線に合流、終わりとなります。豊能町や茨木市、高槻市も含めて、北へ行く道の何れもが「至る亀岡」です。
なんで現状のr1がこんなルートなのかと言うと、彩都から安威川ダムを直結する道が計画されているからです。その新しい道は今のr1とは全然違う経路ですが、とりあえずダム端まで設定しておこうというお役所的魂胆のようですね。

能勢46
沈むバス停の一つ「ダイ」。面白バス停名。

能勢47
沈む風景を振り返る。芥川下流から見てもそうですが、ここから見ても竜王山は綺麗な形をしています。

能勢48
大阪学院大学グラウンド横から、安威川ダム湖下流側の橋を見上げる。ダムの位置はもう少し背中側、上流なので、ここは沈まない場所です。

ダムの是非は別にして、廃景はこの目に留めて置きたいです。
----------
↓「続き」にALPSLABで作成した妙見往復の経路を入れます

続きを読む >>

前記事からの続き。
R423分かれの妙見口は標高375m、能勢町界手前の野間峠は480m。この辺りで私の体力ではペダルを漕ぎきれなくなりました。パワー不足を実感。

能勢21
その野間峠交点を左折し、この鳥居を潜ります。能勢妙見さんの鳥居(お寺ですが)です。

能勢22ヘアピンカーブ。断続的に乗り降りしつつ、上ります。


能勢23
野間峠から20分かけて、標高約630mの山上駐車場に到着。芥川桜堤からは3時間を少し切る位でした。
高槻から自転車で舗装道路を介して、その日のうちに上れる地点としては最高峰のような気がします。六甲まで行ける人もいるかも知れませんが…。

能勢24
展望所から南西方向。手前は能勢電鉄沿線の住宅群、一番奥には六甲山。南東方向は、山陵の一部をゴルフ場が占めていたのが残念。

能勢25
五月の桜ですよ〜。

参拝を済ませ、再び野間峠から妙見口を通過しますが、帰りは切畑口で左折。来た道より一本北筋のr109余野車作線に入ります。中所バス停の所で一旦府道から逸れて、
能勢27

能勢26
余野十三仏で手を合わせました。表裏に二十体ずつの仏像を刻んでいるとの解説がありましたが、裏側は風化しています。

能勢28府道に戻り、もう一度府道から逸れます。
今度はこんな不安な道に入り…


能勢32「大円釈迦堂(おおまる-)」に到着。「これが釈迦堂?」と思ってしまいそうになりますが、


能勢29
裏に回ると「阿弥陀三尊笠塔婆」が鎮座しています。
町内にはもっと多くの石仏がありますが、今日はタイムアップ。
r109は、切畑地内は3つの小峠があるきつめの道でしたが、4つ目の峠で茨木市銭原に入ってからは一気に下ります。

能勢30
下りの途中で、鯉幟が目に入りました。見山の郷という、地産食品を売るドライブイン施設です。煮豆が美味しそうだったので、思わず晩御飯用に買いました(夕方なので、半額)。

能勢31
このすぐ先でr43豊中亀岡線に合流。
茨木方面に右折して下る…と思いきや、上りでした。三方全て上り坂という不思議な交差点です。
続く

予報では5月2日が連休の中でも天気が良さそうで、実際そうなったので、久々に遠乗りしました。
ロードバイクに乗ったのは1月初旬の鶴見以来ですが、「旅乗り」となれば、秋の京都扉巡り以来半年ぶりです。

能勢01
今日もまた鯉幟の泳ぐ芥川桜堤から。まだ説明していませんでしたが、写真手前の堰部分にレゴブロックを重ねたような魚道が出来ました。
振り返る事3年半前、ここではこんなんやってはりました。

ここで忘れ物に気付いて、家に戻る。その途中で
能勢02
鼬(イタチ)?が芥川を泳いどるやないか!!!いや、イタチなのか?よう分からんけど、初めて見た光景。
高槻橋西詰の信号待ちでカメラを向ける事が出来ましたが、前の車の助手席からもカメラが出て来たのは言うまでもありません。

…再出発。先週、強風で断念した方向へ向かいます。西国街道を西進、茨木川で北上し、
能勢03
ここ(福井)でr110余野茨木線に合流。先に見える風景の通り、今日は山コースです。

佐保でr1と合流し、500mほどr110はr1に吸収されます。
能勢04
しかし直線なのはr110の方。この先に見えるミラーの所でr1はこっそり右に分岐するのですが、

能勢05そのr1はこんな道。府道1号線なのに…
この道は進みません。


能勢06
再びr110。何気ない右カーブの上り坂ですが、フェンスの所が新名神の予定地らしい。

泉原で今度はr43と合流、また700mほど吸収されます。
能勢07
そして再びr43と分岐。
標識は亀岡方面が真っすぐに書かれていますが、実際はY字路で、しかも中央車線は余野方面へ流れています。

能勢08r110をどんどん上って、遂に峠か!下りか!と思い写真を撮ったのですが、ハズレでした。笑


能勢10上音羽の集落の上、山の中腹を進む。山の稜線から、かなり高い所を走っているのが分かります。


能勢11
今度こそ本当の峠を越え、旧能勢郡域の豊能町へ突入。快適に下り切った所でr110はおしまい。R423との合流地点で右折。再び上りに。

能勢12
R423に入ってすぐあるのが豊能町役場。なんでこの写真を撮ったのかと言うと、この先にファミマの看板が見えたからです。笑
コンビニがあると思わなくて平地で買物していたのですが、ここにあるのを知っていれば今後助かるかも。

能勢13
そして、ファミマの手前、交番の向かいにもっと助かるものがありました。観光地図です。観光協会のサイトのものより格段に詳しかった。
ここで今日のルートを再構築する事が出来ました。

能勢14
そしてR423とお別れした後、当初予定に無かったこの道を進みました。否、厳密に言えばここも一回通り過ぎてしまいました。お目当ての、真ん中の小さな祠を見逃していたのです。

能勢15
「野間口双体地蔵石仏」。散在する石仏が、豊能町観光のウリのようです。
続く

----------
JUGEMテーマ:ロードバイク総合

(→11月1日+3日)

フジテック1
11月16日@津之江公園(高槻市)。

フジテック2
11月16日@同社傍。

フジテック3
11月16日@上に同じ。

フジテック4
11月16日@総持寺境内。

フジテック5
11月30日@津之江公園。

そして…
フジテック6
12月21日@同社傍。


フジテック7
11月29日@東海道新幹線車内。
現在は彦根市の、この塔に受け継がれている。
----------
JUGEMテーマ:大阪

茨木1
東芝。

茨木2茨木3所在地は、太田東芝町。町名も変わるかな?


茨木4
サッポロビール。

茨木5JR京都線の窓から見えます。


茨木6こちらも、JR京都線から見える解体後の更地。右のクレーンを見上げれば、


茨木7
フジテックの塔。
(1枚目東芝と3枚目サッポロビールの「↓」の下も、それです)

茨木8
こちらも解体の運命。(10月11日撮影)

2時間だけ時間を空けて、自転車こいで来ました。

大日
見事に木陰を選ぶ鳩(一羽を除く)。大日駅前。

門真
門真市駅前で折り返し。

行きは、柱本までは堤防の外側下→淀川新橋を渡る→淀川左岸の自転車道→中環。1時間3分。
帰りは、中環を避け大庭浄水場付近まで北上→自転車道→枚方大橋回り。1時間。
31.62km。

河内1今日は南方面。高槻の自宅から枚方大橋→枚方公園駅前を経て、ひらパー前。人多い!
次に、京阪沿いにr21八尾枚方線、香里園駅で京阪と分かれてR170(旧道→外環)を南下。


河内2外環秦北口手前の標識。直進がR170外環(新道=バイパス)、一方で左へ曲がるのがR170旧道ですが、標識は旧道を無視。


河内3左折後一つ目の信号を右折すると、この旧道。こんな狭い街道なので、車の為の標識には無視されても仕方ありません。緑円内にこっそりとR170の標識が出ています。


河内4第二京阪と交差。


河内5この道、旧道ではあるが今も170号線なので、「旧170号線」は厳密に言えばおかしい。あくまで「170号線の旧道」。日本語は難しいです。


河内6R163との交差は直進、JR四条畷駅手前のr162に入って四條畷神社鳥居前で再びR170旧道=東高野街道に入り、800mほどで左の「旧道の旧道」を進み、野崎観音手前の「野崎まいり公園」に駐輪。
こんな案内板があるけど、「野崎トイレ公園」では無い!


河内7躑躅咲く参道。人多い!街道から入ると、駅前からの参道500mは通りません。すぐにこの階段。


河内8
躑躅咲く野崎観音の境内。「野崎詣り(のざきまいり)」はイベントそのものの名称で、5月1日から8日まで境内や参道で各種催しが開かれています。この日(今日。4日)やっていたのは大道芸。

河内9
境内からの眺望、北西方向。目立つ超高層ビルの辺りが多分?大日。劇的に変わって以降、大日に行ってへんから多分そうやとは思えても想像がつかへん…。

河内7同じ所からほぼ西方向、参道を見下ろす。人多い!


河内11帰りは四條畷神社鳥居前を直進、r20に入り忍ヶ丘駅(なぜか狭い方の旧道を通ってしまった)→星田→逢合橋からR168→天野川に沿って枚方市街→枚方大橋の丘陵コースを選択。枚方の淀川河川公園は満車。車多い!人多い!
そして昼過ぎには早くも高槻の自宅…では無く城跡公園に帰還。と言う事は、そう。ジャズスト2日目へ続きます。

往復距離は34.65km。帰りが若干長いです。


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Link(Blog)

【50音順】
大阪を歩こう
(osakawalkerさん)
気まぐれblog
(miz0001さん)
雑多な「雑記帳」
(bubu@さん)
やま♪の徒然日記
(やま♪さん)
よろしくどうぞ
(まついよしおさん)
-----
うちへのリンクは複数コメント頂いた方なら自由です

降水予報・近畿

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM