一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

無作為電話だの回覧板だので賛成・反対双方の泥仕合みたいになってますが…
そういう本筋ではない事は無視して、

最後の最後は区割りで考えましょう。
特別区は事実上の「市」です。高槻市とか茨木市とか吹田市みたいなもんです。
英語表記は東京特別区に合わせれば「city」になります。
新しい形で「市」になるのを認めれば賛成、納得いかなければ反対。

財政効果の話は双方が違う事を言っているので、
今から聞いてもややこしくなるだけだと思います。

---
とは言っても、時間が無かったので…以下は簡略図のみ。

(仮称)新・中央区=現・中央区、西区、天王寺区、浪速区、西成区
(仮称)新・北区=現・北区、福島区、都島区、淀川区、東淀川区
(仮称)湾岸区=西淀川区、此花区、港区、大正区、住之江区の南港東2・3丁目より西

↓簡略図更新分
区割り


この2区のみ、鉄道主体の地図を作成しました。
↓(仮称)新・東区
新東区


↓(仮称)新・南区 クリックで拡大
新南区

12日の中原徹・大阪市教育委員長に続き、
13日夜には陰山氏も、今月末で辞職の意向を示しました。

中原さんの事が無くても
陰山さんと橋下市長は不和状態が何年も続いていたので、
よくここまで続けたなという印象で、区切りのいい辞職でした。
ま、陰山さんに依頼したのは当時府知事の現市長ですけどね。

首長が空白を作る事は許されません。

中原さんの場合は、
言いたいけど言いにくい事がありそうな面は頭に留めて置きたいですが、
政局も絡まっての辞職なので、当面は何も言いますまい。

---
で、一見、維新に難を付けているような流れで
敢えて大阪自民に疑問を呈したいのですが。笑
「大阪市解体」の文字を
2011年12月26日に軽く、
2012年11月5日
2014年2月3日に強く使ってる私としては、

今年2015年2月23日になって「都構想という名称を使わないよう報道各社に申し入れ」るのは、
あまりにも遅過ぎます。今、それを言ったところで印象は悪いです。

ぶっちゃけ、オレの爪の垢を煎じて飲め、と言いたいです。
右左関係なく、どの勢力に対しても、言いたい事はたくさん残ってます。

本当は「大阪都構想反対」という言い方はしたくないのですが、
市長はじめ維新・ブレーンが「都構想」という言葉でしか話を進めないのだから
「都構想に反対する」と言うしかありません。

正確には、今後は明確に「大阪市解体に反対」します。
区割り等、解体のしかたに対する分析は一切しません。

理由は…大した事ないです。
端的に言えば、この1ヶ月が非常に無駄に感じ、イライラしたからです。

「大阪都」の名称にも大反対します。
理由は、ダサいし面倒臭いし無駄金かかる。一つも良い事無い。
理由もすっかり淡白になってしまいました。

考える事を放棄したら、楽になりました。
撮って放ったらかしの写真も残ってますし…
そろそろ元に戻りましょうか。

マック赤坂頑張れ!笑(俺は大阪市民ちゃうけど)

まるで終焉間近のような報道っぷりですが
(橋下市長がそういう煽り方をするので仕方ないとも思いますが)

いや、ちゃうな。私はずっと「区割りが遅い」と言い続けてきました。
今回「待ちに待った(維新が思う)区割り案がやっと出た」事で、
初めて大阪市民一人一人が考える時期がきたのです。

厳密に言えば区割り案を絞り切る手前での「リセット=廃案再選挙」ですが、
(選挙は無投票になる可能性もありますが)
維新としては「5区、北&中央区分離案」で推したいのが明確になりました。
これです。

※追記=最終区割りは福島区と住之江区東部が移動しているため、
念のため別記事で図を更新しています→こちら
↓は記事投稿時の地図です


大阪都構想

想像しやすいよう、区名も区役所の位置も勝手に仮当てさせて頂きましたが
こういう事を考えるのだという事を、
報道記者が理解して市民に伝えないといけません。

区割りを議論するのは、大阪市民です。
中味は「大阪都構想」ではなく「大阪市解体」です。
都構想というまやかしの言葉は捨てて、
維新は正面から大阪市民に問うべきであり、
残りの反対政党も、むやみに反対ばかりするのではなく、
現状維持がいいのならそれなりの数字を以て大阪市民に問いかけるべきです。

※「大阪市解体」と、大阪「都」の名称論議は全く別ものです。
都の名称論議に関してはそろそろ諦めましょう。
大阪「都」の名称を議論する権利は、大阪府民にあります。

橋下市長の口から(大阪都が駄目なら)「大阪州」という言葉が出てきて、
「お前頭大丈夫か?」と思わず記事にツッコんだが、
そもそもなぜ「大阪州」という単語が出てきたのか。

答えは簡単、「新潟州構想」という言葉が頭にあるからだ。
大阪都構想と新潟州構想、どちらも上山とかいう人がブレーンとして噛んでいる。

「州」とは何ぞや、という定義も決めずに道州制を語るんじゃない!

どうして、それほど庶民が求めていない看板のかけ替えに拘るのか。
「看板のかけ替えという公共事業」で何か儲けようとしてるんちゃうかと
勘ぐられても仕方がない。

いい加減、合併区を決めなさいよ。

開票を待たずに決まるほどの差とは思いませんでしたね…
しかし、西林氏の敗戦の弁は醜いものでした。
彼が前回の市長選で反橋下だったのは、ほぼ全ての堺市民がご存知の事です。

いい加減維新の方々は喧嘩殺法を見直して、謙虚になる時期に来ているのでは。

はやくも「都構想破綻」と書いているマスコミもありますが、
それは違いますね。破綻は、来年の大阪市民の住民投票次第です。
橋下市長はここを「認めてもらうまで何回でもやる」と言っていますが、
実質これを二回以上やる体力は無いです。一回勝負です。

都構想についていろいろ書いてきましたが、
「前の失政」と「後の失政」が、一つずつあります。

前の失政は、吹田市長選挙です。
橋下代表は「吹田を特別区にしない」約束をして、維新市長を誕生させました。
(この市長のその後は、吹田市民の知る通りです)
これで、特別区が中核市より格が下である事が決まってしまいました。

後の失政は、区割りを未だに決めてない事です。
区割りと区名と新区のお金の取り分で絶対揉めます。

大阪府市合併+区再編。
2010年当時の維新資料では、
A 堺区・北区
B 北区・東区・美原区
C 中区・南区
でした。3区案だと、基本的にはこれしかないと思います。

ただ、3分割だと大阪市の5分割・7分割と比べて、人口が少ないです。
まるごと1区案もありますが、それでは中核市以前の堺市に戻ってしまい、
堺市域にとっては旨味(飴)がほとんどありません。

という事で、2区案を考えてみました。前提は
・交通網を考えて、西(A区)・東(B区)に分割
・東に必ず「中百舌鳥駅」を入れる(入れないと、区のまとまりが悪くなる)
・普通に割ると人口バランスが悪いので、区境再調整を試みる(中学校校区は割らない)
※下図の囲み人口は「堺+西」と「北+中+南+東+美原」のもの

堺

2分割だと、4つの中学校区が「調整」の対象になると見ます。
・八田荘中校区
地車の宵宮は津久野地区と合同など、現・西区との繋がりも深い

・陵南中校区
「百舌鳥梅町1・2丁」と「3丁」が区割れするのが欠点
中百舌鳥町と割れるのも現代史上あまり好ましくないが、
ニサンザイ古墳他の主要百舌鳥古墳群をA区にまとめられる

・五箇荘+長尾中校区
河内・和泉国境の「だいたい和泉側」ではあるが、
(注・もとは和泉ではなく摂津国住吉郡。明治4年に国境変更あり)
既に河内側の金岡地区と一体化しており
特に「長曽根町」が区割れしてしまうので、かなり難しい

---
という事で、前者2校区でA区の現在人口をなんとか30万に乗せるのが
マシな案、でしょうか…。
こう分けると、例えばLRT案は「A区内で完結する話」なのが分かります。

ちなみに、A区の区役所位置はほぼ現堺市役所しか考えられないので、
現西区役所は支所に格下げ(2006年4月以前に戻る形)。
問題はB区の区役所位置です。現東区役所の位置に置いてみましたが
現北・中・南区の人には「現堺市役所より不便」かも知れません。

昨日、維新のタウンミーティングを見ましたが、
いくら「堺は無くならない」と維新が言っても、
基礎自治体の形や、その自治体が持つ財布は変わります。
before、afterを比較して、どちらがいいかを判断するのが
「都構想に賛成か反対か」の答えです。

大阪市分割6区案(今の5区7区案が出る前の私案です)は→こちら


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Link(Blog)

【50音順】
大阪を歩こう
(osakawalkerさん)
気まぐれblog
(miz0001さん)
雑多な「雑記帳」
(bubu@さん)
やま♪の徒然日記
(やま♪さん)
よろしくどうぞ
(まついよしおさん)
-----
うちへのリンクは複数コメント頂いた方なら自由です

降水予報・近畿

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM